無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「手放す」を習慣にする断捨離術!一日一捨に挑戦してみた

最近インスタグラムで「♯一日一捨」というハッシュタグを使っている方が多いのをご存知ですか? 一日一つ手放す、一日一回手放す。ものを手放すことで身軽になりたいと、実践している方がたくさんいるようです。今回は、実際にわたしが一日一捨を実践してみて感じたことをレポートしたいと思います!

三吉 まゆみ

ライフスタイル
welcome-to-gettyimages.jp

こんにちは! 整理収納アドバイザーの三吉まゆみです。

日頃インスタグラムを使って発信したり、いろいろな方のpostを見て楽しんでいるわたしですが、最近よく「#一日一捨」というハッシュタグを見かけるようになりました。

厳密にこれ! というルールはなく、一日一つモノを手放す方もいれば、個数関係なく一日一回モノを手放す方、捨てるだけではなく、売ったりリサイクルに出したりと、自分ルールで皆さんモノを手放すことを楽しんでいるようです。

整理収納アドバイザーとして活動しているわたしですが、「まだまだ減らせるものはあるのかも?」と思い、1カ月限定で一日一捨を実践してみました!

この1カ月を通して感じたこと、変化をレポートしたいと思います!

一日一捨の自分ルール

まずは自分の中でのルール決め。

わたしは「一日ひとつ」とは決めず、手放せるなら個数関係なく手放すことにしました。

一日ひとつに決めてしまうと、手放したいものがその日にたくさんあった場合、どんどん持ち越しにしなくてはいけなくなるため、モチベーションを保つためにも「個数は関係なく一日一回何かを手放す」としました。

また、捨てるだけでなく、売る・リサイクルに出す・譲るもOKとしました。誰かの役に立つなら、それが一番気持ちよく手放せるからです。

あとはこの自分ルールにそって手放すのみ!

一日一捨を通しての気付き

1.家族にも影響がある

今回、夫には一日一捨をすることを宣言していました。「それいいね!」と初日から好感触。

そして始めてから4日目に「俺もこれ捨てるわ」と、参加してくれました。

夫が捨てたのは筋トレ用のゴムチューブ。一時期毎日使っていたのに、今はほかの筋トレグッズの方がよく使うから……と手放しました。

最初に家族に宣言しておくと、意識してくれるのでおすすめです。

また、家族と一緒に進められると一体感も生まれますし、持っているものをお互いに把握できるのも良いですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ