無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「子ども産んだほうがいいよ」がセクハラな理由

アラサー女子を困らせる人はこの世にたくさんいます。セクハラ、パワハラ、マウンティング、毒親……。「男は敷居を跨げば七人の敵あり」なんてことわざもありますが、女子のほうが敵多くない? そこでこの連載ではアルテイシアさんに、困らせてくる人々に立ち向かう知恵を授けてもらうことにしました!

アルテイシア

ライフスタイル

風に舞う花吹雪が目に眩しい今日この頃。セクハラ・パワハラのセパ両リーグが盛り上がる日本の春、みなさんいかがお過ごしですか?

時候の挨拶はこのへんにして、新連載「♯女子を困らせる人」、第一回目のテーマはセクハラである。

セクハラのスタンダードは「おじさん→女子」

セクハラは立場が上の者が下の者に行う場合が多く、「屋上に行こうぜ」と拳で決着をつけるのが難しい。女子アナが「触るなジジイ」とみのもんたを殴り殺せるかというと、無理だろう。

私も広告会社に勤めていた20代、上司や取引先のおじさんからセクハラを受けた。そのときに笑顔でかわしたことを、今でも後悔している。相手に「嫌がってないからOK」と誤解させ、新たな被害者を生んだと思うからだ。

男社会を生き延びるサバイバル術として「反射的に笑顔を作るクセ」が身についている女子は多い。だが、逆にそういう女子のほうがセクハラの標的になりやすい。

性的な行為についても、欧米では「明確なイエス以外はノー」だが、日本では「明確なノー以外はイエス」という価値観が根強い。弁護士の女友だちいわく、セクハラで裁判になった際も「相手は笑顔で喜んでたからセクハラじゃない」と主張する加害者が多いという。

なので自分を守るためにも、無駄な笑顔は封印しよう。そして、鏡の前で「プーチン顔」の練習をしてほしい。

立場的に「それセクハラですよ!」と怒れない場面でも、「あまり私を怒らせないほうがいい」と顔で圧をかければ、相手はひるむはずだ。

プーチンが難しい場合は、「は?」「え?」と真顔で返す練習をしよう。「元号が変わろうというのにまだそんなことやってるんですか? 正気ですか?」という表情を浮かべれば、セクハラの抑止につながるだろう。

女性読者から「愛想笑いをやめて、プーチン顔と真顔返しをマスターしたら、ウザいおじさんが近寄ってこなくなりました!」と喜びの報告も寄せられた。

女性陣にヒアリングすると「おじさんからセクハラを受けた」という話が圧倒的に多い。権力を持つ立場にいるのが、圧倒的におじさんが多いからだろう。

大御所の男性芸能人が「セクハラは必要悪だ」と加害者目線で語っていたが、「昔は気軽にお尻に触られて、自由でよかったわ~」と回顧する女性は見たことがない。

女性は被害者になることが多いため「セクハラ野郎を一匹残らず駆逐してやる……!」と瞳孔が開きがちだ。私もエレンに負けないぐらい開いている。

無自覚に女子へセクハラする女子がいる

その一方で「自分も加害者になるかもしれない」という意識に欠ける場合もある。以下は私自身も「セクハラ女子」にならないために、自戒を込めて書きたいと思う。

ヒアリングの結果、女性は「悪意なく、むしろ善意からの言動がハラスメントにつながる」ケースが多いようだ。

たとえば「子ども産むなら早いほうがいいよ」といった発言を、自身が不妊治療や高齢出産&子育てで苦労した経験から、よかれと思ってしてしまうとか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ