無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗濯機を「ドラム式」にするメリットは?節水&時短に効く選び方[人気メーカー5選]

ライフスタイル

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

家事の中でも時間がかかり、天候に左右され、面倒だと感じる人が多い洗濯は、ドラム式洗濯機を活用してラクに、楽しく済ませませんか?

今回は、ドラム式洗濯機の購入前に押さえておきたい「ドラム式」のメリットやデメリットと選び方、おすすめ商品を紹介します。

洗濯機のドラム式とは?縦型との違い

従来の洗濯機よりもサイズが大きく、値段も高い「ドラム式洗濯機」ですが、一体なぜ人気があるのか、不思議に思ったことはありませんか?

実は、ドラム式洗濯機は、従来の縦型洗濯機と"洗濯の方法"が大きく違っているんです。

縦型の洗濯機の洗い方

縦型の場合は、円柱の洗濯槽に水を溜め、水の遠心力と衣類同士を擦り合わせることによって洗浄します。

ドラム式洗濯機の洗い方

一方、入り口が斜めになったドラム式では、洗濯槽が斜めまたは横の状態で回転するので、衣類が上に行っては落下するという動きをします。

この下に落ちる動きで衣類を「たたき洗い」して洗浄するのが、ドラム式洗濯機の大きな特徴です。

ドラム式洗濯機のメリット

少ない水で衣類を優しく綺麗に洗える

たたき洗いによって得られるドラム式洗濯機の最大のメリットは、少ない水で衣類を優しく綺麗に洗えることです。

たたき洗いの場合、全ての衣類を水に浸ける必要がなく、縦型より少ない水で洗浄できます。

そのため水に浸けることや、衣類同士を擦り合わせることで生じる繊維の痛みが起きづらいので、縦型よりも衣類に優しいというわけです。

水道代を節約できる

前述の通り、ドラム式洗濯機は縦型に比べると使う水量が約1/2で済むため、水道代を節約できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ