無料の会員登録をすると
お気に入りができます

甘えられない女子必見!上手に彼に甘える方法4選

恋愛・結婚

ウザがられるのが怖い……甘え方がわからない……そんな悩みを持つ人は多いはず。

甘え上手になることは、愛され力を高める上でも大切です。そこで今回は、甘え下手な女子のために、ウザがられない甘え方を4つご紹介。

上手に甘えて彼との距離を縮めていきましょう。

1.彼の得意分野を頼る

男性が女性の甘えに対してウザいと感じてしまうのは、「図々しい」「わがまま」と感じてしまうことが原因です。

もしこれが、彼の得意分野に関する甘えであれば、マイナスな印象ではなく「頼ってくれた」と、プラスの印象に変わります。

男性は頼られたい、女性の役に立ちたいという気持ちを持っているものです。

たとえば「カメラについて教えてほしい」「パソコンの接続を手伝ってほしい」など得意分野において頼ることは、そんな男心を刺激する甘えに。

彼の男としてのプライドを刺激して、上手に頼っていきましょう。

2.おねだりは会話が弾んでいるとき

「旅行に連れていって!」「指輪が欲しい!」など、直球なおねだりも悪いことではありません。

でも、こうしたおねだりが成功する場合もあれば、不穏な空気になってしまうこともあるはず。

おねだりにおいて大切なのは、内容よりもタイミング。なにか彼におねだりしたいときは、会話が弾んでいるときをねらいましょう。

唐突なおねだりは、図々しさを感じさせてしまいがちです。反対に、会話が弾んで盛り上がっているときは、多少図々しいおねだりをしたとしても、無理だとしても冗談として流すことができます。

失敗しても不穏な空気になりにくいので、タイミングも見極めてみて!

3.「あと1時間したらかまって!」

彼にかまってほしいけど、彼は仕事や趣味に夢中……。こんなとき、「かまってよ」と彼の時間を邪魔してしまうと、ウザがられてしまいかねません。

でも、甘えたい気持ちを我慢すると、すれ違いの原因となってしまう可能性もあります。

こんなときは「あと1時間したらかまって!」「一区切りついたら一緒に休憩しよ!」と、かまってほしい気持ちを伝えつつ、彼にも時間を確保させ余裕を与える言葉が◎。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ