無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一方通行じゃない!本当に愛される彼女になる秘訣

恋愛・結婚

大切な彼氏に愛されたいのは、女子共通の願い。とはいえ、こればかりは、自分が強く願うだけでは叶いません。

彼があなたの心に触れたとき、心地よく感じられるかどうかが愛されるために大切なポイント!

愛されるための愛し方を学んで、幸せを掴んでみませんか?

思われる<思うことが楽しい

愛されたいと願えば願うほど、「彼に大切に思われたい」と考えてしまうかもしれません。

でも、思われることを求めすぎると、ちょっとしたすれ違いが起こったり、会話やLINEでの一言などに傷つきやすくなってしまいます。

ぜひ、「彼が好き!」「ずっと一緒にいたい」「○○をしてあげたい!」と、彼を大切に思うことを楽しんでください。

そこまで思える人って、なかなか見つからないのが普通です。つまり、そんな人に会えたこと自体が凄いことなのですから。

あなたが思われたいと感じているのと同じように、彼だって、あなたから大切に思われるのが嬉しいもの。きっと、愛情のいい循環になっていくはずです。

好かれたいがために尽くさない

愛されることは、ご機嫌を取って好かれることとは、似て非なるものです。

たしかに、相手の喜ぶことをしたり、リクエストに応えてあげたりすることもあるでしょう。

それでも、相手の好意を失うことが怖い、という動機で尽くしているなら、愛されているとはいえません。

なにをしてあげるかは、自分が発信源であるのが理想。自分自身がそれほどしたいと思っていないことなら、それはストップするのが正解です。

まずは、自分の気持ちを見つめ直してみて! 心からしてあげたいと思うものを厳選して、行動に移す習慣を身に着けましょう。

ギブ&テイクが上手

尽くしすぎないことに加えて、自分のしてほしいことも上手にリクエストできるなら、愛される子になれるもの。

また、なにかをしてもらったら、「同じくらいのこと」をしてあげるというのもポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ