無料の会員登録をすると
お気に入りができます

復縁したいなら…言ってはいけないタブーな言葉3つ

恋愛・結婚

彼氏との喧嘩で別れることになったものの、冷静になって「振ったのは早まったな…」と思う場合や、彼に振られてしまったけど、また付き合いたい場合など、復縁を考えることもあるでしょう。

復縁の可能性を上げるには、少しずつ距離を縮めた方が良いことが言われていますが、その際に口にしてはいけない言葉もあるのだとか…。

fumumu取材班は、恋愛経験豊富な女性に詳しく話を聞いてみました。

①「ヨリを戻したい」

「復縁って、振られた方からヨリを戻したいと伝えてうまくいくことがないんですよね。振られた側が、原因をめちゃくちゃ追求して、それを全て取り払ったとかなら別でしょうけれど…。大体は、相手が『もう無理』って思って離れた状況なので、『でも、そこを我慢するから、もう1度だけやっぱり付き合いたい』と思わない限りは復縁が難しいんです。
振った方も、そう思えば大体すぐに復縁を申し込んでくるから、それを言ってこないということは、復縁のタイミングじゃないんですよね。相手に考えてもらって、『やっぱりヨリを戻したい!』と思ってもらうしかないですよ」(30代・女性)

②「彼女いるの?」

「復縁といっても、彼が今幸せなら邪魔をしたくはないですよね。だから、彼に彼女がいるかどうかは、すごく気になるポイントだと思います。下手をしたら、『彼女との関係を邪魔するな』って、嫌われてしまうリスクがありますしね。
でも、だからって『彼女がいるの?』なんて聞いてしまったら、明らかにこちらが諦めていない様子が伝わってきますよね。そんなことをしたら、『もう終わったことなのにしつこい!』とキレられてしまいますよ。あとから復縁したいと思っても、一回『復縁しない』っていう態度を見せてしまったあとなら、振った側も復縁を提案しにくいですしね…。絶対に避けたほうがいい言葉だと思います。
あと、『上手く行ってる?』と彼女がいる前提でさりげなく話したつもりでも、男性は未練があるのを察知して逃げてしまうみたいですね」(20代・女性)

③「最近なにしてるの?」

「私も昔言われて気づいたんですけれど、男友達のプライベートって、そうそう気にならないですよね。何年も会ってなくて、たまたま顔を合わせたら、『最近どうなの?』くらいは聞くかもしれませんが…。
だから、時間を空けて、さりげなく『最近なにしてるの?』なんて聞いてしまうと、男性も『うわ、今まで俺のことを忘れてなかったのかよ』と引いてしまうみたいですよ。復縁したい人がよく使ってしまう言葉だから、なおさらなんでしょうね」(30代・女性)

相手から復縁を申し出るまで待つとなると、だいぶ長期戦になりそうですね。

詮索するような口ぶりは、吹っ切れていないことが伝わってしまい、復縁が上手くいかない結果に繋がりやすいので、友達っぽくラフに話しかけた方が良さそうです。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ