無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[住み家と風水:第24回]運気もぐんぐん伸びる!?「観葉植物」の選び方

インテリア

家の風水というと、間取りや方位の良い悪いを想像しますが、それ以外にさまざまなことを風水的に見ていくことができます。要は“気の流れをよくする”手だてを考えるのが風水。占い師の月岡美緒さんに、気の流れを整えて幸せを呼び込むアドバイスをしていただきます。

リラックス空間には欠かせない観葉植物。お洒落なグリーンインテリアとして使っている方も多いのでは? 風水では観葉植物を「成長」を促すものととらえています。芽吹いたり、枝が伸びたり、花が咲いたり…。成長を意識できることは言わずもがな。土に根付き、太陽に向かって伸びていく。この様を部屋の中で再現できるので、風水的にとても良いアイテムです。そして、邪気を吸い込んで浄化し、飾る場所によってはその邪気をブロックするなどマルチな才能を持っています。

風水的では観葉植物も陰と陽に分類。
葉や伸びる方向で飾る場所を変えると吉

基本的には運気を上げるアイテムですが、植物にも陰陽があります。

▶「陽の植物」の特徴
・上に向かって葉が伸びている
・葉が丸い
・会話を弾ませると言われリビングに飾ると◎
代表的な植物:パキラ、モンステラ、ポトス、ガジュマルなど

▶「陰の植物」の特徴
・下に葉が伸びている
・葉が細くとがっている
・抑える力を持つため、寝室に飾ると質の良い睡眠が。
代表的な植物:サンスベリア、ケンチャヤシ、テーブルヤシ、エバーフレッシュなど

陰陽があると聞くと「陽の植物」だけを部屋に飾りたくなりますが、陽の植物だけでは、実はバランスがよくありません。例えば、陽の要素を強すぎるとパワーが溢れ、落ち着きがなくなりがち。一方で、窓がなく、暗い陰の要素が強い部屋(トイレなど)は、「陽の植物」を多めに置くとバランスがとれます。要はバランスですが、そこが陰陽どちらに寄った空間か見極めるのはなかなか難しい。だから、アクティブに行動したい、何かに挑戦したいときは「陽の植物」を、不安やストレスを感じたり、イライラしがちなときは「陰の植物」をプラスしてみてください。

恋、お金、仕事……上昇させたい運気で
観葉植物の種類を選ぶ手もあり

向上させたい運気によって観葉植物の種類を変えることもおすすめしています。

恋愛運:アイビー(陽)
星のような葉の形が可愛らしいアイビーはつる性の植物。上に向かって伸び、下に垂れるという上下へいく姿から夫婦やパートナーとの生活を安定させると言われています。また恋愛から結婚までの一連の流れをアシストしてくれるとも。床を這わせると関係性が、つるを絡ませると縁が深まります。

金運:ガジュマル(陽)
特徴的な形をしているガジュマルは、ぷっくりとした木根や丸みのある葉が金運上昇へ導きます。どっしり感があるので、ガジュマルを飾ることでお金を受け入れる器があると見られ、他人からお金をもらいやすい(受け取りやすい)という意味を持ちます。ちなみに金運アップの方角である西で育てるとなお良し!

仕事運:パキラ(陰)
横に枝葉が伸びていくパキラは、顧客先が横に増えていくイメージに連動。商売アップや取引先増加へと導きます。顧客を掴んで永続的にしたいなら、安定感を示す四角の鉢を選んでください。またパキラは「発展」の意味も持ち、金運上昇も望めます。働いたお金が入る方角、西に飾りましょう。

厄除け:ヒイラギ(陰)
トゲトゲの葉が特徴のヒイラギ。これは玄関限定で飾るといい植物です。玄関から入りがちな邪気をヒイラギが弾き、良い気だけを葉の隙間から入れてくれると風水では言われています。ただ、陰の気を吸いすぎると葉が弱ってくるので、目視で元気がなくなってきたら日当たりのいい場所で陽の気を蓄えさせて玄関に戻してあげてください。玄関の両サイドに飾るのがベターですが、大きすぎて玄関をふさいでしまうのはNG。玄関に合わせたサイズ感を見極めてくださいね。

観葉植物の「やってはいけない風水」

汚れ、枯れをタブーとする風水。枯れ葉を見つけたらすぐにカットを!また、葉や枝にほこりが被っているのもよくありません。観葉植物も部屋の掃除ついでにパパッときれいにしてあげてください。鉢は陶器などの自然界のものが◎。プラスチックは運気が滞ってしまうのでご注意を。また最近人気の多肉植物やサボテンはダークサイドの植物。風水では生命を枯らすと言われていて、マイナス要素でしかありません。大量のエネルギーを必要とするので、家に置くと自身のプラスのエネルギーを吸い取られてしまいます。ごめんなさい、これだけは回避術もなく……。手放すほうが無難です。ちなみにこれも人気の苔(苔テラリウム)は、基本は避けたい。陰の植物である苔は、どんどん増えていくので陰のマイナス面が広がりやすいと風水では読みます。ですが、陽の植物がたくさんあるなかで取り入れるならOK。バランスと増やしすぎないことが大切です。

・・・・・・

植物は心も癒やしますのでストレス解消や気分向上目的で飾るだけでも良いかと思いますが、風水に詳しくなってきたら、植物の陰陽バランスも考えて飾ってみてください。植物はいろいろな運気アップが望めて面白いですよ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ