無料の会員登録をすると
お気に入りができます

有孔ボードの便利&お洒落アイデアは「イケアのスコーディス」に学ぶ!

インテリア

有孔ボードとは、読んで字のごとく、穴のあいた板のことでパンチングボードやペグボードなどとも呼ばれています。穴にフックを掛けたり、小物入れなどを引っ掛けることで壁面を新しい収納スペースにできる便利なアイテム。手軽なDIYとして人気なので、取り入れている方も多いのではないでしょうか?

高さ56㎝をベースに、横幅76㎝の大サイズ、56㎝のスクエア中サイズ、36㎝で縦長で使う小サイズの3サイズ展開。写真の白と木調のブラウンと2色展開でインテリアに合わせて選べます。設置は壁にネジで固定が基本です。

「イケアの有孔ボード(スコーディスシリーズ)は、デスクやキッチン周りの細かいものが収納しやすく、暮らしのあらゆるシーンで活躍します。また、家具と違って壁さえあれば設置できるので、部屋が狭くても収納スペースを作れるところに人気があります。イケアの場合は有孔ボードに取り付けられるふた付きの小物入れやクリップなどパーツが豊富なので、組み合わせ次第でさまざまな使い方ができますよ」(イケア広報 以下同)

よく使うキッチンツールを壁に並べた
すっきり清潔感漂う見せる収納

頻繁に使うキッチンツールや調味料類。棚の中にしまってしまうと使うたびに取り出すのが面倒。かといって作業スペースに置きっぱなしも散らかって見えて困りものですよね。「キッチンは壁が有効活用されていないことが多いので、有孔ボードを設置すれば、すっきりと使いやすく変身しますよ。イケアの有孔ボードは壁にネジで固定するので、想像しているよりも耐荷重はしっかりめ。小ぶりの鍋やフライパンなら、別売りのフックに引っ掛けて壁掛け収納が可能です。また、作業場を占拠しがちなスパイス類は、ふた付きの透明小物入れで並べるとすっきりとお洒落にまとまります。中身も見えるので取り違えがない点もいいですね」

洗面台脇の壁にもピタッと収まる。
家族みんなが使いやすい洗面スペースに

多くのご家庭で使われているであろうユニット洗面台やあらかじめ設けられた洗濯機周りの収納。家族が多ければ多いほど、乱雑に物が置かれていたり、しまいこんだ不用品がたまっていたりしませんか? 「日本の住宅事情的に洗面・バスルームのスペースが狭く、不足しがちな収納場所に四苦八苦されている方が多い印象です。特に洗面台の鏡裏の収納だけだと、家族全員のケア用品をしまいきれませんよね? 壁面に56㎝四方のスペースさえあれば、ぜひ有孔ボードを使ってみてください。洗面スペースで重宝するのが浅型トレーのシェルフと小物入れです。香水や化粧水などはシェルフに。メイクブラシや長さのあるコスメなどは小物入れに収納し、手に取りやすい高さに引っかけるといいですよ。有孔ボードのいいところは収納全体が見えるので、余計なストック買いを避けられますし、定位置に置くことで忙しい朝にあれがない、これがないと焦ることもありません。また、洗濯機上のスペースに取り付ければ、バラバラになりがちな洗濯バサミ、洗剤や洗濯ネットなどを使いやすくまとめられます」

ランドリースペースもこんなにお洒落で 使いやすくDIYできる!

狭い場所は細長タイプが活躍。
ドア裏や玄関横も無駄なく収納スペースに

「幅36㎝とスリムな縦長の有孔ボードが、狭い場所におすすめ。〈写真左〉クローゼット扉の裏側も有孔ボードで収納スペースにすると便利な場所のひとつ。扉いっぱいに有孔ボードを並べて小物入れやフックを活用すれば、置き場所に困るベルトやサングラスなどの小物、ジュエリーなどもご覧の通り。シーズンごとによく使うものを扉裏に収納することで朝の準備も時短できますよ。〈写真右〉鍵やイヤホン、またペットのいるお宅だとリードなどお散歩に必要なグッズをコンパクトにまとめておくアイデアです。いくつかフックを設置しておけば、外出時の必需品をまとめておけます」。家の鍵や上着、自転車のヘルメットなど、外出に必要なものを壁にまとめておくだけで玄関周りは見やすくすっきりし、スムーズに出掛けられますね。

寝室やプライベートルームなら
インテリアのアクセントになる
使い方を考えると楽しい!

「寝室やリビングのソファ横など、ちょっと何かを置いておきたい、けれどテーブルを置くスペースがないという時も有孔ボードがおすすめです。有孔ボードにシェルフ、レターホルダーを設置すれば写真左のようにベッド周りにあると便利なものたちをすっきりと置いておけます。またフックやレターホルダーを合わせて写真右のように趣味のレコードやヘッドホンなどをスマートに集約できます。いずれものっぺりしがちな壁のアクセントと実用性を兼ねているのでご自身の趣味や好みの世界観でまとめてあげるのもいいですね」

〈おまけ〉 壁に穴はあけたくないという場合は 机や棚に取り付けるデスクタイプがおすすめ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ