無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ドラッグストアで爆売れ中♡フローフシ THE アイクリームが話題!

アイケアと聞くと、美意識が高い人がやっている・お金がかかりそう…というイメージがありますよね。それもあってか、なんとアイケアをしている日本の女性はたったの6%なんだそう!でも実はアイケアはPCやスマートフォンをよく使う現代の女性にとってすごく大切なことだったんです。今回は"アイケア=お金がかかる"を覆した、フローフシ アイクリームをご紹介します♡

PR
2017年1月
メイク

スマホでまばたきの数が3分の1に激減!

筋肉の衰え、たるみ、クマの原因に。

あなたは1日何時間スマホやPCを見ていますか?実は現代の女性は、PCやスマートフォンの普及により1日のまばたきの数が昔と比べ3分の1にまで減少していると言われているんです。

その分、目の周りの筋肉が凝り固まり血流が悪化。その結果としてクマやたるみを引き起こしてしまうことも。

本当は現代の日本女性にとっても大切なアイケア。もっとプチプラで気軽に始められないのかと考えたのは、"モテマスカラ"などで有名なコスメブランドのフローフシ。そんなフローフシが改良に改良を重ね、価格もメソッドも一新したアイクリームを発売したんです♡

本気のアイケア始めるなら!

フローフシ THE アイクリーム一択なんです♡

今までアイケアは全くやってこなかったけど、高級なアイクリームを使うのは抵抗がある…というあなたにオススメなのが、高級アイクリームにもひけをとらない即効性*1と噂のフローフシ アイクリーム。
*1効果には個人差があります

flowfushi-store.jp

アイケアへのこだわりがふんだんに詰まっているのに、約3~4ヵ月分でたったの2,500円なんです!コスパ最強で、2016年度下半期ベストコスメを数々受賞している超実力派アイクリームを徹底解剖しちゃいます♡

フローフシ アイクリームをチェック!

こだわりのポイントを徹底解剖♡

アイケアの第一歩。まずは「ゆるめる」!

フローフシ独自の「エンドミネラル*2」という天然ミネラル鉱石の成分を配合しており、目まわり筋*3とこめかみ筋*4にアプローチしてくれるんです。アイクリームをマッサージしながら塗ることによって、筋肉をほぐし血流を促進、むくみまで解消してくれるんだとか♡
*2保湿成分(ガーネット末)*3眼輪筋 *4側頭筋

高級美容成分もたっぷり配合♡

独自成分エンドミネラルだけでなく、相性の良い3種類のとても高価なペプチド*5やビタミンC*6などの美容成分をたっぷり配合!ゆるんだ目もとをしっかりとケアしてくれるんです。
*5保湿成分*6整肌成分

しっとり、ふっくら2層の保湿♡

たっぷりの美容成分を浸透させるだけでなく、朝まで保湿するのも大切。このアイクリームは、角質層まで「浸透する保湿」と「持続する保湿」の2層式でしっかりと保湿してくれます。

3種類の植物オイルが肌の角質層までしっとりと浸透し、さらに最上級Sランクのシアバターが翌朝までうるおいをキープしてくれるんです。

寝ている間もしっかりと保湿してくれるので、翌朝鏡を見るのが楽しくなりますよね♡

まつ毛にも、ほうれい線にも♡

flowfushi.com

アイクリームの使い方はアイクリームを優しくまぶたに塗り込み、マッサージするだけでOK!さらに、まつ毛やほうれい線などの口元にも使えちゃうんです♡寝る前のたった3分でアイケアだけじゃなく、顔全体をケアできるのが人気のポイントのひとつです。

万能すぎ!フローフシ アイクリーム

Instagramで話題沸騰中♡

目元ケアが全て叶う万能アイクリームはInstagramでも話題沸騰中!愛用者の口コミをチェックしてみましょう♡

instagram.com
フローフシのアイクリーム
アイクリームは高価なものが多いですが
¥2700でこの質感はなかなかいいと思います
www.instagram.com
instagram.com
アイクリームのまつ毛美容液効果があらわれた!!
なんかきゅーてぃくるあるきがする笑
#フローフシ #アイクリーム #まつげ美容液
www.instagram.com
instagram.com
めーっちゃ良かったので💟
安いけどフローフシめちゃいい💕
二重幅がくっきりする #気がする
www.instagram.com

明日買えちゃうのが嬉しい♡

今までのアイクリームは百貨店や通販でしか買えないものがほとんど。でもフローフシ アイクリームは、ウェブサイトはもちろんお近くのドラッグストアやバラエティショップで購入できちゃいます♡通勤の途中ですぐに買いに行けちゃうのが嬉しいですよね!

数々のこだわりがたっぷりつまった、フローフシ アイクリーム。ぜひ、明日から始めてみてください!

さっそくwebでチェックする
記事に関するお問い合わせ