無料の会員登録をすると
お気に入りができます

インテリアコーディネーターの自宅がお手本。「雰囲気のいいカーテン」選び

インテリア

写真は、インテリアコーディネーター小島さん宅のご自宅。家具はまとめて壁面側に配置し、カーテンにもリビングが広く見えるよう工夫がしてあります。小島さんいわく、視覚効果を意識して簡単にカーテンを選ぶなら

・壁に近い色、もしくは淡い色を選ぶ
・無地もしくは細いストライプやボーダーのものを選ぶ
・自然素材に近いものや薄手の生地を選ぶ
・きちんと採寸してサイズをそろえる

こういったことを意識すればよいとのこと。「我が家を例にすると、右奥コーナーまでが広く見えるよう、壁とカーテンの白地をつなげてコーナー窓のように見せています」(小島さん・以下同)

部屋側にレースのカーテンを取り付ける
最近人気の「フロントレース」は
空間に柔らかさと奥行き感を生みます

厚手グレーカーテン、白からネイビーのグラデーションになったレースカーテン共にサンゲツのもの。適度なボリュームが欲しかったことから、1.5倍のヒダでオーダー。

フロントレースとは、レースカーテンを窓側ではなく部屋の内側に設置するスタイルのこと。「我が家はグレーの厚手カーテンに、ネイビーから白のグラデーションがついたレースカーテンを重ねています。部屋側にレースカーテンがあると、ドレープ生地のグレーのカーテンを閉めたときも部屋が柔らかい雰囲気になります。グラデーションのレースカーテン自体も白壁になじむことで広く見せる効果が期待できます」。フロントレースにおすすめのレースカーテンは、オーガンジーレースやボイル、シフォン生地など透け感があるもの。部屋の中で大きな面積を占めるカーテンは、濃い色だと圧迫感がありますが、フロントレースにすることで、厚手カーテンの存在が抑えられてすっきりします。「せっかくお気に入りのレースカーテンを購入しても、夜はカーテンを閉めてしまいレースカーテンが見えないと残念に思っていた方も、フロントレースにすれば1日中楽しむことができるので気分も上がりますよね」

インテリアで使われている色を
カーテンとリンクさせることで
生まれる連続性が広く見せる

室内のインテリアでも大きな面積を占めるカーテンとラグ。「お客さまからもカーテンとラグの色は合わせたほうがいいのか、よく質問されます。両方を全くの同色でそろえるより、カーテンの色がラグの柄で使われていたり、カーテンとラグが色の濃淡になるように差をつけるのがおすすめです」。同じ色が続くと単調な雰囲気になってしまうんだとか。ただし、カーテンとラグの間に距離があるようなら、同じ色を選んでも空間につながりが生まれるからOK。「我が家は広く見せたかったため、レースのカーテンとラグを白地ベースの物を選びました」。ちなみに小島さんは、ダイニングチェアはネイビーのものを使用していて、ネイビーのグラデーションがあるレースのカーテンとカラーリンク。さらに統一感を強めています。

腰高窓と掃き出し窓のカーテンの丈を
そろえてビジュアルの納まりを良く見せる

リビングのコーナー部分は、正面が腰高窓、右壁側が掃き出し窓。それぞれの窓の大きさに合わせてカーテンを選らびがちですが、床の高さでそろえたのがポイント。「腰高窓と掃き出し窓の二つの窓が近いため、それぞれに合わせてカーテンを選ぶと、腰高窓の下に壁面が見えてくるので、ビジュアル的にも納まりが悪くなります。掃き出し窓のカーテンと同じ長さにそろえることで、統一感を出しました」。腰高窓にカーテンを設置する場合、長さは窓枠の下よりも15~20㎝ぐらい長めにするのが基本ですが、部屋全体のバランスを考えると、それが絶対の正解ということではないということ。

奥と右側の窓部分がひとまとまりに見えてすっきり!

・・・・・・

最近ではネット通販でオーダーカーテンが安く購入できるようになりました。既成サイズが合わない場合でも、オーダーカーテンなら、個々の部屋に合わせてサイズを考えられます。それだけで、部屋の締まり具合も変わりますし、広さも変わって見えるそうです。色や柄の選定は個々のセンスによりますが、サイズをきちんと選ぶことは誰にでもできるので、もう一度ご自宅のカーテンを見直してみてはいかがですか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ