無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「小銭入れに仕切りがある財布、みんなは小銭をどうやって分けている?」みんな違って面白い結果に!

ライフスタイル

突然ですが、小銭入れに仕切りがあるタイプの財布を使っている方に質問です。2つに分かれた小銭入れにどのように小銭を入れていますか?

『小銭入れに仕切りがあるお財布を使っている人、小銭はどう分けていますか?』

あるママさんの質問を皮切りに寄せられた“小銭の分け方”は人によってさまざまという面白い結果となりました!

小銭入れに仕切りがある財布はママさんたちに人気のよう

小銭入れに仕切りがある財布はママさんたちに人気のようです。実際に使用しているママさんたちからは「1度使ったら手放せない」と絶賛の声が寄せられています。

『もう小銭入れ1か所の財布には戻れない』
『小銭入れが分かれていることがこんなに便利だとは思わなかった』

この絶賛の理由も、ひとえに「小銭を2か所に分けることができるから」なのでしょう。しかし1円、5円、10円、50円、100円、500円と計6種類の貨幣が現在発行されていますね。2つしかない財布の仕切りに、みなさんはどういったパターンで分けているのでしょうか?

100円と500円、それ以外の小銭

特に多かったのは100円と500円を一緒に入れて、それ以外の小銭をすべて一緒にするという声でした。

『100円と500円。それ以外で分けています』
『100円と500円、それ以外』
『1、5、10、50円と100、500円で分けている』
『私も100円と50円が重なっていると間違えるから500円と100円、それ以外で分けている』

イメージしてみると、100円と500円は色が似ているものの大きさが違うし混ざりあったとしても勘違いすることはあまりないのでしょう。100円と500円を1か所に入れて別にしておくと、お会計のときに1、5、10円などのこまごました小銭を探すときに見つけやすくなるのかもしれませんね。

5円と10円、50円と100円などが見分けやすいように

その他にもみなさん自身が思う「使いやすい」方法で小銭を分けていることが分かりました。

『1円5円50円と10円100円500円』
『1、10、100円。5、50、500円で分けているよ。縦に見ると5と10円、50と100円が見分けにくいから』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ