無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旦那さんに「お昼ごはん、そうめんでいいよー」と言われたらイラッとする?しない?

子育て

ママスタコミュニティに怒れるママからのコメントが届きました。

『「お昼ごはん、そうめんでいいよー」の旦那の一言に腹が立つ!』

もし休日に旦那からこんなセリフを言われたら、皆さんはどう思いますか?

『わかるわー! 「じゃ自分でやれよ!」って思う!』
『メニュー問わず「でいいよ」が不快よね。人に作ってもらう立場の言い方じゃない』
『そんな言われ方をしたら、本当にそうめんしか用意しない。薬味もなしだ。チューブのショウガでも食ってろ。でも「そうめんが食べたい」と言ってくれたら、天ぷら盛り合わせも付ける』

「言い方に腹が立つ!」というママたちからの意見が続出しました。「でいいよ」と「がいいな」は大きく違うというのがママたちの見解のようですね。

「○○でいいよー」は優しさ?

旦那さんたちは、なぜそんな言い方をするのでしょうか。

『世の旦那は、麺類とカレーは魔法のように簡単にできあがると思い込んでいるのです。だから「妻を思いやって、そうめんでいいいよと言ってあげている」と思っているのです』

「楽をさせてあげている俺って、優しい旦那だろ?」という恩着せがましさが見え隠れすると嫌なものです。本当に優しいなら「たまには俺が作るよ」と言ってほしいと思うのは贅沢でしょうか……。
そもそも「そうめん=楽ができる」とは限らない家庭もあるようです。

『天ぷらを期待されるのがいや。「天ぷらは揚げないよ」と言ったときのガッカリした顔を見たくない。天ぷら揚げるくらいなら、他の料理の方が楽』
『そうめんだけで出しても文句は言わないけど、嫌がられるのがわかってるから天ぷらをつけたり、とろろをかけたり、サラダそうめんにしたりしている』
『昔、元カレに「えっ、普通そうめんって具がない? キュウリとかミカン、サクランボとか」と言われてムッとした思い出がある(笑)。今の旦那はネギと海苔だけでも何も言わない』

いくらそうめん自体が茹でるだけでも、具だの天ぷらだのを準備していたら手間がかかります。しかしそれもまた、料理をしない旦那さんたちには「天ぷらって揚げるだけでしょ」だなんて言われそうですね。
また具やおかずなどのことだけではなく、調理工程や洗い物の多さに言及するママもいました。

『そうめんを茹でてザルで洗って氷でしめて……。洗い物も多くなるから意外と面倒だよねー。肉を焼く方が楽!』

ザルの網目に入り込んだそうめんを取り出すときの面倒臭さ……旦那さんたちは、そんな手間なんて予想だにしてないのでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ