無料の会員登録をすると
お気に入りができます

部屋がすっきりして掃除も楽!「テレビの壁掛け」は意外と簡単!?

インテリア

最近は4K&大画面のテレビが主流ですが、部屋が広くないと圧迫感も。そんなときに取り入れたいのが「テレビの壁掛け」。床に置かないだけでとてもすっきりするし、ごちゃごちゃしがちな配線も整理できて掃除も格段に楽です。インテリアのイメチェンやテレビ買い替えのタイミングにいかがですか?

今回取材したのは「ジャストップ株式会社」。特許を取得した独自の工法で、テレビの壁掛け分野でトップのシェアを占めています。そのメリットを挙げると、

・テレビ台などの家具が減らせる~狭いリビングでもテレビ周りがすっきりすることで空間にゆとりが生まれます。小さなお子さんが走り回っても安心。
・ケーブル類がまとまり掃除がしやすい~テレビ背面のごちゃごちゃしたケーブルやコードは美しくありません。これらを壁に隠してしまうことで見た目もぐっと美しく、掃除も格段に楽になります。

その素敵さは、設置例を見ていただければ分かると思います。

床面がすっきり部屋が広く感じる!

角度を変えられるプレートを選べば、ダイニング側からもリビング側からもテレビを見ることができます。

狭いスペースもテレビ置き場の候補に変わる!

〈左〉エコカラットなどの特殊素材の壁にも設置可能。〈右〉寝室の空いた壁に設置すればパーソナルなシアタールームに。

テレビ以外にゲームやレコーダーも壁面収納!

ジャストップの工法を用いて、テレビだけでなく、AV機器などを置く飾り棚もすっきり設置できる。

落ちてこないか心配ですが、震度7の
地震にも500㎏の重さにも耐えられるそう

テレビを掛ける土台の金具はピタッと壁に収まる固定型、左右伸縮型、15度まで角度を変えられる前方傾斜型の3種類。

現在流通しているテレビのほぼ全てが壁掛けに対応していますが、問題はその施工方法。「一般的な住宅の壁には石こうボードが使われていますが、テレビを保持できるほどの強度はありません。従来の工法だと大工仕事やクロスの補修が別途必要になり、工期や費用もそれだけかさみます。ジャストップでは壁面を補強する特殊な部材を独自に開発し、これを壁内の空間に挿入することで500㎏(一般的な大画面テレビは20~80㎏ほど)の荷重に耐える工法を生み出しました。さらに耐震性にも優れており、実験では震度7の揺れが5分以上続いても耐えられるというデータもあります。」(ジャストップ岡田正樹さん 以下同)

気になる配線もすっきりまとめられるので
掃除が楽!部屋にゆとりも生まれます

「ケーブル類の処理法は二つありますが、いずれもケーブル類は見えない仕様なので、壁面がきれいになり、テレビ周辺のスペースが広く使えるようになります。さらには掃除がしやすいというメリットも。余計なものがない分、映画館のスクリーンを見ているように画面に集中できるのも大きなポイントです」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ