無料の会員登録をすると
お気に入りができます

横浜の新商業施設「北仲ブリック&ホワイト」!

旅行・おでかけ

横浜のみなとみらい線「馬車道」駅に直結する新商業施設「北仲ブリック&ホワイト(KITANAKA BRICK&WHITE)」が、2020年6月25日(木)にグランドオープン。

馬車道駅に直結の新商業・文化施設

「北仲ブリック&ホワイト」は、横浜市最大規模・最高層を誇る分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」と、横浜エリア初進出となるサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッドスイーツ横浜」を含む複合施設「横浜北仲ノット(YOKOHAMA KITANAKA KNOT)」の低層階に開業する新商業・文化施設。みなとみらい21地区と山下・関内地区を結節点となるエリアの新たなランドマークとなります。

「北仲ブリック&ホワイト」には、豊かな文化の発信拠点となる施設を誘致する「北仲ブリック」と、分譲マンションや近隣住民、ホテル宿泊者に向けたショッピング&レストラン空間「北仲ホワイト」で構成され、全19店舗が出店。

「北仲ブリック」

クラブ&レストラン「ビルボードライブ」が神奈川初出店

「北仲ブリック」の目玉となるのは、神奈川県初・国内3店舗目となる「ビルボードライブ横浜(Billboard Live YOKOHAMA)」。100年以上の歴史を持つ世界的音楽ブランド「ビルボード」が手掛ける約300席のクラブ&レストランを展開します。

店内では“歴史と伝説を紡ぐ夜”をキーワードに、国内外のトップクラスのアーティストが出演する「ビルボードライブ」を開催。来店者は食事とともに、演奏を間近で楽しむことができます。

コンテンポラリーダンスを中心としたダンスハウス

コンテンポラリーダンスを中心としたパフォーミングアーツの拠点、ダンスハウス「Dance Base Yokohama(DaBY)」も誕生。ダンスを愛する人々が垣根なく集える場所として、世界的なダンサーによるクリエーションや、近隣住民との交流など、様々な試みを展開していきます。

「北仲ホワイト」

海鮮料理店やフルーツパーラーなど飲食店が充実

「北仲ホワイト」には、飲食店が充実。海鮮・日本料理店「きじま」は、新鮮な海の幸や有機/自然栽培野菜などを使用した、無添加でオーガニックな和食を提供。横浜で初めてフルーツパーラーを開店した「水信フルーツパーラー」では、季節のフルーツをふんだんにつかったデザートなどを楽しむことができます。

その他、天ぷら専門店「博多天ぷら たかお」、イタリアンダイニング「UOKIN」、肉バル・ワインダイニング「DOURAKU CORRIDA」、中国料理「盤古殿 TERRACE」などが出店。「スターバックス(Starbucks)」や、ベーカリーカフェ「JEAN FRANCOIS」といったカフェも並びます。また飲食店だけでなく、スーパーマーケット、コンビニ、フラワーショップ、美容室なども揃え、近隣住民らの利便性を高めています。

【詳細】

「北仲ブリック&ホワイト(KITANAKA BRICK&WHITE)」
開業日:2020年6月25日(木)
※当初4月23日(木)開業を予定していたが延期。
※一部店舗は先行開業。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ