無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ママたちが家にいるときもブラジャーを外さない4つの理由とは?

ライフスタイル

突然ですが、みなさんは家にいるときブラジャーをつけたりブラトップを着たりしていますか? あるママさんはノーブラで過ごしているそうですが、他のママさんたちがどうやって過ごしているのか気になったようです。

『みんなは家にいるときも、ブラとかブラトップをつけているの? くつろげなくない? 私ノーブラなんだけど』

質問したママさんは何もつけない方がくつろげると言っており、ノーブラだと楽に過ごせて良いと思っているようですね。しかし今回ママスタBBSに集まったママさんたちの回答では、「家でもブラジャーやブラトップをしている」という声の方が圧倒的に多かったようです。なぜママたちは家でもブラジャーやブラトップをしているのでしょうか?

1.垂れ防止

多くのママさんが何もつけないと「胸が垂れてしまう」ので、それを防止するためと答えてくれました。

『垂れたくないんだもん』
『妊娠中に苦しくて家でノーブラでいたら垂れたからつけている』
『垂れるのが嫌だから常にブラで固定している。寝ているときもつけているし。3人産んだのだけれどもなんとか上向きを保てている』

ママたちが言うように出産や授乳などによって胸の形が変わると、垂れてきたと感じることがあっても仕方ないことなのかもしれません。ただ少しでも美しい胸を保ちたいと思うママさんは、あえてブラジャーで固定するなど日々努力を重ねていることが分かりました。家で過ごすときはもちろん、寝るときもノーブラにはならないというママさんもいるようです。

2.ブラジャーをしていることが自然だから

ブラジャーをしていることはもはや自分にとって当たり前で、「自然につける習慣になっているから」と答えてくれたママさんも。

『ブラをつけないと気持ちもダラダラしない? 家にいてもそこは一応昼夜のメリハリをつけたいから、朝着替えるときに装着するよ~』
『つける、つけないとか意識するものじゃなくなっている。パンツと一緒』

朝起きてブラジャーをつけることが習慣になっているママさんは、日中は常につけているのが自然な状態なのだそうです。つけることで寝起きのダラダラした気持ちにメリハリがつくと教えてくれたママさんもいました。例えば下着のパンツを家の中でも外でもずっと履いているように、ブラジャーもなくてはならないものなのでしょう。

3.胸が邪魔だから&守るため

ブラジャーは「胸が揺れ動いて邪魔だから」、「胸を保護したいので」つけているという声もありました。

『胸がホールドされてないと暴れて邪魔』
『無駄にデカいから、つけてないとちょっとした動きの度にいちいち揺れて邪魔くさい。大きめの動きをすると痛い』
『つけているよ。個人的に急所って感じ(笑)。ちょっと保護されていると動きやすく安心感がある。
怪我したところってほぼ治っていても触る当たるで痛いときあるじゃん。そのとき絆創膏で保護しておくけれど、おっぱいもそう。つければ乳首が擦れたりしないし少しぶつかったときにも守られている感じがする。
昔若いときにノーブラでおっぱいをぶつけたときすごく痛かった。腕とか手をぶつけた痛みじゃない。足の小指とか肘を打ったときとかの長引く感じ』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ