無料の会員登録をすると
お気に入りができます

開発担当者が10㎏痩せた!? 無印良品「糖質10g以下のお菓子」おすすめ4選

グルメ

リモートワークも定着し、家で黙々と仕事をしていると、ついスイーツに手が伸びてしまうことありますよね⁉ 無印良品広報の有山美恵さんも自粛中甘い物がやめられなかったというひとり。「『糖質10g以下のお菓子シリーズ』は、2019年の秋に登場しました。このシリーズには、半生菓子、焼き菓子、チョコレートの3カテゴリーがら構成されています。発売当初から美意識の高い女性陣を中心に注目されていましたが、5月の自粛時はECサイトでの売り上げがグンと伸びました」(無印良品広報 有山美恵さん・以下同)。その理由は、

・ちょっと食べるのにぴったりのサイズ
・味がしっかりしていて満足感がある
・食べていて、罪悪感がない
・手頃な値段で、買いやすい

全30種類(1アイテム夏季休止中)のなかから、有山さんおすすめの4品を紹介します。 ちなみに、開発担当者(当時、30代男性)は、この企画に携わって10㎏も痩せたそうですよ!

◆ ひとくちレモンマドレーヌ ◆
さわやかなレモンが夏にぴったり!
大きさ以上の満足感があるマドレーヌ

3㎝ほどの小さなマドレーヌ、1個あたりの糖質は1.6gです。「糖質10g以下のお菓子 ひとくちレモンマドレーヌ(5個入り)」 150円(税込)

ひとくちサイズのマドレーヌは、レモンピールの香りがふわんわり漂い、後味がとってもさわやか。「小麦粉の量を減らした代わりに、アーモンドパウダーを使って、1袋あたりの糖質を8.2gに抑えました。生地の表面がサクッとしていておいしいですよ」。食感はしっとりというより、噛み応えがあります。しっかり噛みしめながらゆっくり食べれば、大きさの割に満足感あり。ひと袋食べると小腹はもちろん中腹も満たせそうです。

◆ バナナバウム ◆
無印スイーツの定番バナナバウムが
ロカボに生まれ変わって登場

手のひらサイズのバームクーヘンは、しっとり感もあって◎。「糖質10g以下のお菓子 バナナバウム」120円(税込)

通常のスイーツでも人気の高いバナナバウム。「小麦粉の量を減らして、粘りの出にくい大豆粉をケーキの材料としてふんわりしっとりさせるのが難しく、何度も試行錯誤を繰り返し完成した逸品です」。食べてみるとずっしりもっちりした食感で人気の通常版バナナバウムと比べると、口当たりは軽め。バナナの甘さが程よく、パサつき感も大豆粉っぽさもありませんでした。 全体的に糖質8g台が多い「糖質10g以下のお菓子」シリーズですが、これは糖質6,4gとかなり少なめ。カロリーは138cal。ボリュームがあるので朝食にもいいと思います。

◆ アーモンドショコラサブレ ◆
アーモンドクラッシュが噛み応えあり
甘さ控えめの超ヘルシースイーツ

板型サブレはクッキー部門で1位の売れ筋。「糖質10g以下のお菓子 アーモンドショコラサブレ (6枚入)」 250円(税込)

袋を開けるとカカオのいい香りが漂うサブレは、いかにも甘そうな見た目からは、良い意味で期待を裏切られます。「大豆粉や小麦ふすまを使うことで、小麦粉の使用量を抑えました。アーモンドの風味がしっかりしていて、小麦粉控えめでこのコクは凄いと評判もいいですよ」。1袋あたりの糖質は6.76g、248cal。口の中でサクサクほろりと崩れるサブレは、たっぷり入ったアーモンドクラッシュの歯触りが◎。ひと口で食べるには少し大きいサイズなので、ちょこちょこ食べれば満足感もUP。

◆ きなこチョコがけ大豆 ◆
きなこの上品な甘さ×大豆で満足度◎
なんだか癖になる味

国産の大豆を食物繊維を配合したチョコレートでコーティング。「糖質10g以下のお菓子 きなこチョコがけ大豆(40g)」190円(税込)

なめらかなきなこのチョコレートで、うま味たっぷりの大豆をコーティング。「上品な和菓子のようなきなこの甘さと、なめらかなチョコレートがやみつきになり、ついつい手が伸びてしまいまいます(笑)」。1袋40gあたりの糖質は6.96gで203calのお菓子は、豆のヘルシーなイメージも◎。大豆をカリカリと噛んでいるうちに、満腹感がでるので食べ過ぎる前に自然と手が止まり、ダイエット中に食べるならいちばんいいかもしれません。コーヒーにも緑茶にもよく合う和洋折衷タイプ。売り切れの店舗が多いので、見つけたら即買いがおすすめです。

・・・・・・・

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ