無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手洗いも家の除菌も「アルコール除菌は濃度70%以上」が効果的!

どんどん感染者が増える昨今、日常生活をこなしつつコロナ対策もしっかりとるなら、マスクや手洗いと同時に自宅に持ち込まれるウイルスの除菌が大切。除菌に便利なアルコール製剤は、その濃度が重要だって知ってますか?目安の濃度など知りたいことをまとめてみました。

ライフスタイル

外出先では、電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、エレベーターのスイッチ、銀行のATM、紙幣や硬貨などなど、さまざまな場所で手にウイルスが付着する可能性があります。帰宅した際は、まず手洗いするべきですが、そんな手で触れる可能性のあるところは、しっかりと除菌しておくことが安心です。

安全性と取り扱いやすさが
アルコール除菌のいいところ

厚生労働省が「新型コロナウイルスに関するQ&A」によると、手洗いには石けん、アルコール(エタノール)が、家の身の回りの除菌には、アルコール、熱水、次亜塩素酸ナトリウム(いわゆる塩素系漂白剤)、界面活性剤入りの洗剤や次亜塩素酸水などが挙げられていますが、熱水はやけどの危険があるし、その他は除菌後に溶剤をふき取る必要があります。その点、アルコールは

新型コロナウイルスに関するQ&A

・揮発性が高くすぐ乾く
・残留物をふき取る必要がない
・食品添加物でもあるエタノールは、肌についたり口に入ったりしても体への害は少ない

除菌能力の高さはもちろん、この使い勝手の良さは他にはない魅力です。

アルコール濃度は70~80%程度がいい?

日本食器洗浄剤衛生協会のHP「エタノールの除菌効果」によると、エタノールの最適除菌濃度は70~80重量%で、80重量%以上になると逆に除菌力が低下します。前述の厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」では、濃度70~95%と書かれていますが、この差は、重量と体積で比べると、体積のほうが濃度的に高く出るためだと思います。ちなみにアルコール濃度100%が推奨されていないのは、濃度が高すぎると除菌したい場所に行きわたるまえにすぐに揮発してしまうので、結局、除菌の効率が悪いようです。手洗いだけではなく、家の除菌にも利用するなら、体積濃度で80%前後がよさそうです。

エタノールの除菌効果

アルコール除菌の大ヒットといえば
「ドーバーパストリーゼ77」

「ドーバーパストリーゼ77」は「ドーバー酒造」というお酒を造っているメーカーが作っています。お酒と同様の作り方をしているいわばアルコール度数の高いお酒のようなもの。自ら食品に直接かけてもOKと言う安全性は、このことによります。この商品の魅力を端的に言うと、

・アルコール度数77%の高い殺菌力
・口に入っても安心な醸造用アルコールを使用
・キッチンに置いても嫌じゃないお洒落なパッケージ

コロナ騒動の前から、お洒落で安全な除菌スプレーと言えばこれでした。私も、皮付きのままリンゴを食べるような場合は、一度、ドーバーパストリーゼをスプレーしてこすり洗いした後に水で洗うようにしています。

〈関連記事〉

家庭でのアルコール除菌はこれでOK!「ドーバー パストリーゼ」が支持される理由

ちなみに現在、メーカーサイトでは売り切れ。500ml、スプレーヘッド付きの定価は、税込み1,058円ですが、楽天やAmazonだと若干高め。以前よりは値段がこなれてきました。最近は、ドラッグストアでも見かけることが増えたので、まめにチェックしてみてください。

メーカーサイト

・「ドーバーパストリーゼ77」を
楽天でチェック!

楽天で
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ