無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都の京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 竹屋町」が、京都丸太町にオープン!

旅行・おでかけ

京都の京町家をリノベーションした宿泊施設「京の温所 竹屋町」が、2020年9月4日(金)より京都・丸太町エリアにオープンします。

一棟貸しの宿「京の温所」が京都・丸太町に

「京の温所」は、京町家をベースに、ワコール(WACOAL)がプロデュースする一棟貸しの宿泊施設です。ミナ ペルホネン(minä perhonen) デザイナーの皆川明が手がけた「京の温所 西陣別邸」や「京の温所釜座二条」など、これまで京都府内に7軒の宿を展開しています。

「パンとエスプレッソと」を手掛ける「日と々と」のベーカリー&カフェ併設

今回オープンする「京の温所 竹屋町」最大の特徴は、宿に併設されるベーカリー&カフェ「本日の」。「パンとエスプレッソと」を展開する「日と々と」の新ブランドで、旬の食材を使ったサラダや、揚げたてで提供する牛カツサンドなど、季節ごとの旬の食材を使用したメニューを月替わりで提供されます。

「京の温所 竹屋町」では、宿泊者限定メニュー「本日のmorningプレート」付きのプランなどを用意。

季節ごとに作品を展示、“泊まれるギャラリー”としての機能も

また、「本日の」のカフェスペースと「京の温所 竹屋町」に、京都ゆかりのアーティストの作品を季節ごとに展示。作品はその場でオンライン購入できるなど、“泊まれるギャラリー”として宿泊を楽しめるのもポイントです。開業時には、京都を拠点に活躍する若手作家川上幸子の作品が、約8点展示。その後、約3か月ごとに作品は入れ替わります。

“職住一体型”の町屋をイメージした内装

築130年以上の2階建て京町家をリノベーションした内装は、“職住一体型”の町家をイメージ。1階は、京町家特有の坪庭を囲むようにベッドルーム、ライブラリー、お風呂を配置。ダイニングのある2階からは、大きな蔵の白い壁が見えるなど、町家の風情を感じることができます。

シャンプーやボディウォッシュなどのアメニティは、日本生まれのブランド・THREE(スリー)のものを用意。さらに、京都の書店「誠光社」がセレクトした約40冊の書籍が並ぶライブラリーも設置。

【詳細】

京の温所 竹屋町
オープン日:2020年9月4日(金)
予約開始日:8月14日(金) ※「京の温所」公式サイトより受付。
住所:京都市中京区竹屋町通西洞院東入指物屋町371
延床面積:88平米
定員:最大4名
チェックイン:16:00~(ワコール新京都ビルでのフロント受付は10:00~17:00)
チェックアウト:11:00まで
・間取り:
1階 ライブラリー、 ベッドルーム、 坪庭、 お風呂、 洗面、 トイレ
2階 ダイニング、 キッチン、 和室、 トイレ
料金:1泊30,000円(税込)~ ※人数と時期により変動。

■ベーカリー&カフェ「本日の」
営業時間:9:00~19:00(ラストオーダー18:00)
定休日:なし

【問い合わせ先】
ワコール お客様センター
TEL:0120-307-056(平日9:30~17:00)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ