無料の会員登録をすると
お気に入りができます

レジ袋をゴミ袋として再利用していた人、レジ袋が有料になっても買ってゴミ袋にしているの?

ライフスタイル

2020年7月から、全国でプラスチック製買い物袋の有料化が始まりました。スーパーやコンビニで配布されていたレジ袋は有料に。そこで、これまでレジ袋をゴミ袋として再利用していたママたちはどうしているのでしょうか……。ママスタコミュニティにも同様の質問が寄せられています。

全国でプラスチック製買い物袋の有料化が始まりました。

参考:経済産業省 レジ袋削減にご協力ください

『今までスーパーのレジ袋をゴミ箱に被せて使ってきたから、有料になってからもレジ袋を購入しています。マイバッグを持っている人が多いけど、皆さんゴミ袋はどうしていますか?』

これまで自宅に溜めていたレジ袋を使用

『今はまだレジ袋のストックあるけど、なくなったら買うかもしれない』
『まだ今までの分が残っている』
『お土産物の袋とかを、ちまちま使っている』

当面は自宅に残っていたレジ袋でしのいでいるというママたちもいるようです。しかしマイバッグでの買い物が続けば自宅のストックがなくなるのも時間の問題です。少しずつ大事に使っているママたちの気持ちも分かりますよね。

市区町村指定のゴミ袋にそのまま入れる!

レジ袋などでゴミ袋を作ることはせず、自治体指定のゴミ袋に直接ゴミを入れているママたちもいます。

『指定ゴミ袋に直捨て』
『私の地域では、レジ袋は不燃ゴミのプラスチックに分別され別回収になるので、レジ袋は邪魔なだけ。生ゴミは水気を切ってから新聞紙に包んで指定ゴミ袋に入れています』
『生ゴミは濡れているから腐るって読んで、野菜の皮とか切れ端は燃えるゴミ用指定袋に直接捨てている』

指定ゴミ袋に直接ゴミを捨てるのは、手間が省けてラクですね。その反面「中身が透けて見えてしまう」といった心配や「先の尖ったものを入れると破れる」というデメリットもあります。割り箸や竹串など、ゴミ袋を突き破ってしまうものを捨てるときには、新聞紙に包んでから捨てるなど、収集する人が怪我をしないためにも配慮したいですね。

ホームセンターで「レジ袋」を購入する

量販店でレジ袋を購入し、それをマイバッグとして持参するママたちもいます。

『ホームセンターで100枚入のレジ袋を買って、それを買い物で使ったあとにゴミ袋として使っている!』
『マイバッグを使っていたけれど、やっぱりゴミ箱とかで使うレジ袋は必要なので、100枚入りの袋を買った。買い物で使った後、家でゴミ袋として使う予定』
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ