無料の会員登録をすると
お気に入りができます

子どもが暑くてマスクを嫌がるとき、どうしてる? 子ども用マウスシールドも新発売

子育て

感染症対策のために子どもにもマスクを着けさせたいものの、暑かったり着け心地が悪かったりして嫌がってしまうことはありませんか? 残暑厳しい時期は毎日気温が高く、マスクによる息苦しさで熱中症になってしまう不安も拭えません。ママスタコミュニティでも

『布マスクのお子さん、薄めのを選んでる? 冬のときと特に変わらない厚さ?』

という投稿がありました。これに対し、どのような意見や解決策が寄せられたのでしょうか。

夏仕様の素材+子どもの好きな布で手作り

『夏用の使い捨てマスク使ってる』
『冷感素材の布マスク。可愛い綿・フィルター・冷感素材の3層構造にしてる。フィルターは花粉やウィルスをブロックしてくれるやつ』
『夏仕様の接触冷感のやつ』
『夏用にリップル地とサラシで作った』
『好きな生地と、裏側は冷感仕様のwガーゼを2枚で全部で5重にしたマスクを作った』

暑さ対策として素材にこだわったマスクを買ったというママや、子どもが積極的に着けてくれるように好きなデザインの布を選ばせた上で涼しい素材を使って手作りしたというママの意見が数多くありました。

子ども用のかわいいマウスシールドも新発売

しかし、夏用のマスクだとしても、幼少期の子どもだと口と鼻あたりの肌にマスクが密着するのが気持ち悪くてすぐ外してしまったり着けるのを嫌がったりするケースもあるでしょう。筆者の2歳の子どもは肌が弱く、食事後などには口周りが荒れて塗り薬を塗る頻度も多いため、なかなか外出時にマスクを着けさせることができないでいます。

そんな悩みを持つママにピッタリなのが、8月14日に新発売された子ども用マウスシールド「MOUTH SCREEN KIDS」です。

暑い日でもマスクの息苦しさや蒸れる心配がなく、口元をしっかりカバー。またマウスシールドならクリアな素材なので、マスクではわかりづらい子どもの顔色や表情の変化、体調の異変にもすぐに気付けるかもしれません。

かわいいイラストが描かれているので、子どもも楽しんで着けてくれるはず! 筆者の子どももこれなら安心して着けられそうです。

これからも続く感染症対策に

9月に入ってもいまだに気温が高く、今年の秋は引き続き暑くなることが予想されています。また、冬になれば冬に合ったマスクをどう子どもに使わせていくかを考えていかなければいけません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ