無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週末にまとめて作る“栄養ご飯”のもと|新米がすすむ!ご飯に合うおかずも時短で

自然食料理人の山田です。週末にまとめて作る最強の作り置き「重ね煮」。今週は、ナスのトロッと食感を活かしたコロコロ重ね煮です。角切りの重ね煮はとても食べ応えがあり、特にナスは、おかずでもサラダでも満

レシピ

重ね煮の基本

重ね煮とはひとつの鍋の中でたくさんの野菜を重ねてベースを作り、それを使っていろんな料理を簡単に作ろうという調理法のこと。

鍋底に軽く塩を降り、順番に野菜を重ねたら上にも軽く塩を降り、無水(焦げるようなら差し水を)、弱火でじっくりと火を入れます。いい香りが立ち、野菜からじゅわっと旨みエキスが出てきたらできあがり。

基本の重ね煮をマスターしてしまえば、料理の負担が驚くほど減りますよ!

ナスのコロコロ重ね煮

ナスのコロコロ重ね煮

【材料】

にんじん‥‥100g   5mm 角切り
玉ねぎ‥‥‥ 150g   1cm角切り
なす‥‥‥‥ 150g   1.5cm角切り
きのこ‥‥‥ 150g  1.5cm角切り

【作り方】

①重ね煮のおさらいの図を参考に、上記の順番で重ね煮をしていきます。

②いい香りが立ってきて、にんじんに火が入ってきたら優しくかき混ぜる。

③タッパー等に移して、冷めたら冷蔵庫で保存する。

きのこはエリンギなどの食感があるものがおすすめです。なすとキノコの大きさをある程度そろえてあげると、食べやすさ、食感が良くなります。にんじんだけ火が入りにくいので、5mm角くらいにするとちょうどいいタイミングで重ね煮ができます。

重ね煮アレンジ① ナス味噌炒め

ナスとキノコの食感がプリプリでご飯が進みます。素麺にかけるのもお勧めです。

【材料2人分】

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ