無料の会員登録をすると
お気に入りができます

監修したリノベ物件の「収納アイデア」をお片付けコンシェルジュが解説

お洒落にリノベーションしても、収納がうまくいかずに部屋が散らかっていると魅力も半減。今回、収納のプロとリノベ会社がコラボした物件に取り入れられている工夫を見せてもらいました。キッチンやクローゼットなどで今すぐ実践可能なアイデアを参考に、きれいに片付いた家を目指しましょう。

インテリア

今回取材したのは、リノベーションを手掛ける「マイプレイス」が、収納の細かな備品まで準備した物件。「収納の基本は『動線』と『使用目的』を考えることです。なんとなく収納グッズを揃えるというのは最もダメなやり方です。出しやすく戻しやすい収納のテクニックを習得すれば、無駄が減り家事の時短にもなりますよ」(お片付けコンシェルジュ・伊坪美和さん 以下同)。いくつかの事例のなかからキッチン、パントリー、クローゼットと場所別に収納テクを伺いました。

整理収納サービス株式会社インブルーム所属の「お片付けコンシェルジュ」として活動する伊坪さん。モットーは「面倒くさがりやの、面倒くさがりによる、面倒くさがりのためのお片付け」。

キッチン収納

◆シンク下は高さ調整ができるラックで
デッドスペースを極力作らないことが大切

「シンク下収納の注意点は、収納上部にデッドスペースができること。たくさんの収納力があり、物件ごとに異なる配管位置を気にせず棚の高さや幅を細かく調整できるKEYUCAの『arrots 伸縮ラック』(写真左)を設置しました。ボウル類や鍋、ポットの収納を想定しました。空いた右側のスペースには食器洗いの洗剤やスポンジなどのストック。ここもデッドスペースが出ないようKEYUCAの2段式ラック『arrotsスライドラック』を利用。これは、引き出しのようにカゴが手前に引き出せるので、かがんで奥まで手を伸ばすことなく取り出せるので便利です」

arrots 伸縮ラック
arrotsスライドラック

◆コンロ下の引き出しにはフライパンや
鍋ぶたを立ててしまえるスタンドラックを

「コンロ下の引き出しは、火にかけるものやサラダ油や調味料類を収納するのが便利。スペースの無駄がなく取り出しやすいのは立てて収納することです。よく見かけるのが重ねて積み上げて収納しているお宅。取り出しにくく、スペース効率もよくありません。KEYUCAの『arrotsフライパンスタンドワイド』は、フライパンの持ち手が斜め上を向くようになっているので取り出しやすさ抜群。しまえるフライパンの数が少ないと感じるかもしれませんが、これだけあれば料理のプロでない限り日常の調理には十分です。フライパンを立てて収納したことで空いた横のスペースにKEYUCA『arrots調味料ラック』を。調味料をそのまましまってもOKですが、セリアやニトリで売っている調味料ボトルに入れ替えて見た目に統一感を出してあげるとすっきりしますよ」

arrotsフライパンスタンドワイド
arrots調味料ラック

◆作業スペース付近の引き出しは
バスケットを使って収納する

「作業スペース下の引き出し収納には、計量スプーンやおたま、ピーラーといった調理器具、タッパーなどの保存容器を収納しておくと無駄な動きが減らせます。ここで大切なのは、道具を必要な数に絞ること。よくあるのがおたまやフライ返しが複数あったり、便利だと思って買った専用調理器具、棚いっぱいの保存容器など稼働していないものがあること。収納する前にきちんと整理して数を絞ってください。収納はその後です。保存容器などは、プラスチック製のバスケットに立てて収納すると取り出しやすいです。便利に使えるプラスチックのバスケットは『イノマタ化学株式会社』製がイチ推し。キャンドゥやセリアで手に入ります。ちなみにバスケットの穴は丸いものより四角いものを選ぶとすっきり見えるんです。色は白を選ぶのが◎。棚内部と同化し収納しているものが目立つので取り出しやすさにつながります」

パントリーの収納

◆いろんな食品パッケージで雑多になりがちな
パントリーはストッカーの色を揃える

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ