無料の会員登録をすると
お気に入りができます

着こなしに悩んだら!ファッションの系統別3つのポイント

ファッション雑誌が数多く存在するように、ファッションはたくさんの系統に分類することができます。今回は、おしゃれの参考にしたいファッションの系統を3つご紹介。自身に似合うファッションや、目指す系統の参考にしてみてくださいね!

ファッション

似合うファッションを知って、自信を持とう

自分に似合うファッションの系統を知ろう

ファッション雑誌が数多く存在するように、ファッションはたくさんの系統に分類することができます。例えば「カジュアル」や「ストリート」「フェミニン」といった、言葉を耳にするだけでイメージできるものから、「トラッド」「アスレジャー」など、一見よくわからないものまで様々あります。スタイルは、社会情勢が作り出すファッションを物語っているので、トレンドの影響を受けて、どんどん新しいスタイルが生まれています。

今回は、おしゃれの参考にしたいファッションの系統を3つご紹介。スタイルは、生き方を体現するといっても過言ではありません。自身に似合うファッションや、目指す系統の参考にしていただけると嬉しいです。では、早速みていきましょう。

1. カジュアル系

出典:WEAR

数あるファッションの系統の中で、一番認知度が高いのが「カジュアル系」。その幅は広く、Tシャツやデニム、スニーカー、リュックなどの格式張っていない、肩肘の張らないカジュアルから、現在ではビジネスシーンやきちんと感が求められるシーンでも、オフィスカジュアルやスマートカジュアルといったアイテムが着用されています。昨今の地球環境の変化に伴って、着飾らないスタイルの人が多くなっており、カジュアルコーデは高い支持率を獲得しています。

WEAR

大人女性がカジュアルコーデを実践する場合は、シンプルなアイテムを選び、少しリラックス感を漂わせた「大人カジュアル」がおすすめ。ボーダーTシャツだったら、子供っぽくなる太ボーダーより、エレガントな印象になる細ボーダー。また、デニムパンツも、脚のラインが如実に出てしまうスキニーより、ストレートやワイドがマッチします。

こちらは、バックのフレアシルエットがフェミニンムードを漂わせるボーダー柄のプルオーバーに、裾に向かって細くなるテーパードシルエットのデニムパンツを合わせたコーデ。腰まわりがゆったりしているので、スキニーが苦手な方にもおすすめです。足元には「CONVERSE(コンバース)」のローカットスニーカーを持ってきて、とことんカジュアルコーデを楽しんでいます。

2. きれいめ系

出典:WEAR

カジュアル系と同じくらい浸透している「きれいめ系」。派手なカラーや奇抜なモチーフを避け、清潔感がありきちんとした印象を与えるファッションを指します。シャツ×スカートにパンプスを合わせたり、エレガントなホワイトパンツを投入するなど、万人受けするファッションです。少しセクシーなイメージのVネックトップスも、きれいめなファッションに含まれます。

WEAR

大人女性におすすめなのが、脚をカバーできるロング丈のスカート。すとんと落ちる美しいラインのアイテムなら、重い印象が軽減されます。レディライクなきれいめコーデは、今季着こなしの大本命なので、ぜひトライしてみて。また、ワントーンでまとめると、大人っぽい落ち着いた印象になります。

こちらは、美しい表面感としなやかな風合い、またさらりとしたタッチが特徴的な、秋の始まりにぴったりのシャツに、適度な光沢で上品に着こなせるタイトスカートを合わせたコーデ。スカートはミディアム丈なので、脚を隠したい大人女性にもぴったり。首元に巻いたバンダナのおかげで目線が上がり、スタイルアップ効果が期待できます。

3. 大人女子系

出典:WEAR

昨今、おしゃれ女子から圧倒的な人気を誇っている「大人女子系」。エフォートレスな肌見せや、フラットシューズといった、リラックス感のあるアイテムを使用したコーデのこと。大人の落ち着きと若々しさを兼ね備えた女性を表現しています。トレンドは押さえつつ、上品かつ、どこかフェミニンさも感じさせるファッションのことです。また、抜け感を演出しているのが特徴となっています。

WEAR
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ