無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ご主人」「旦那さん」 。今、夫婦の呼び方&呼ばれ方に悩む理由

ライフスタイル

5年ほど前までは「ご主人」という言葉を使う人が多かったVERY読者の間でも、近年は夫婦の呼称に変化が出てきました。男女問題とも密接な関係がある、夫婦の呼称。今回は、より悩むことが多い相手の配偶者の呼称についての「今」を探っていきたいと思います。

------------------

<LINE UP>

1.200人に聞いた!「夫婦の呼称、知り合い夫婦の呼称」どうしていますか?

2.「夫婦の呼び方、呼ばれ方」の未来とは?VERYモデル 牧野紗弥さんの場合

3.「夫婦の呼び方、呼ばれ方」の未来とは?社会学者 田中俊之先生の場合
------------------

1. SNSでVERY読者にアンケートを実施!

「夫婦の呼称、知り合い夫婦の呼称」どうしていますか?

ポイント1 夫婦間での呼称、第一位は「あだ名」

今回のアンケート(285名が回答)で、もっとも多い夫の呼び方は『あだ名』(27%)。次いで『旦那』(21%)。僅差で『主人・夫』(ともに19%)という結果でした。

「『主人』というのは夫婦間に上下関係がある印象。周りには『主人』という人が多いがそのたびに小さな違和感を覚える」

「年配の方の前では『主人』と呼ぶ。抵抗を感じつつ『夫』だと不遜と思われそう」

「『主人』、『旦那』、すべてしっくりこない。海外のように『ハビー(ハズバンドを可愛く言った感じ)』と呼びたい」という声も。

一方で、配偶者からの呼ばれ方は『あだ名』(32%)がもっとも多く、次いで『妻』(26%)『嫁』(22%)でした。

ポイント2

VERY世代の3割以上の人が“夫からの呼び方”に違和感を覚えていた

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ