無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自宅に常備しておきたい♡いざという時に役立つおたすけアイテム

「便秘が続いて調子が悪い」「おなかがゆるくなること(軟便)が多い」――そんなおなかのトラブルの改善策として最適なのが「新ビオフェルミンS」です。小さい頃に飲んでいて記憶にあるという人も多いのではないでしょうか。今回は、改めて自宅での常備がオススメな理由を解説します♡

PR
提供元: ビオフェルミン製薬株式会社
2018年12月
ライフスタイル

おなかのトラブル対策、できていますか?

便秘がち、おなかがゆるくなる(軟便)……そんな不安を解消したい

便秘がちだったり、仕事やプライベートで大切な日に限っておなかがゆるく(軟便に)なったり……そんな経験、誰もがあるはず。

でも、便秘や軟便などの“おなかのトラブル”をそのままにしておくと、不安感や痛みからメンタル面に影響が出てしまうこともありますよね。大切な仕事の時やプライベートでの勝負の時はもちろん、日常から快適に過ごすには、そんなトラブルを対処することが大切です。

そこで持っておけば役に立つ「おたすけアイテム」をご紹介します。

薬箱に常備したい!おたすけアイテム

家族で飲める「新ビオフェルミンS」

そんな時に手元に置いておきたいのが「新ビオフェルミンS」。小さい頃に親から飲ませてもらったり、薬箱の中に入っていたり、一度は聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

「何となく知っている」という人も、まずは自宅の薬箱をチェックしてみましょう。「なかった!」という人には、常備しておくことをオススメします♡ それでは、特長をポイントに分けて見ていきましょう。

#1 便秘にも軟便にも「おなかの調子を整える」

離乳食前の赤ちゃんの時は善玉菌でいっぱいの腸内フローラも、食生活や年齢とともに悪玉菌が増え、バランスが変わっていきます。悪玉菌が多いバランスになると、便秘や軟便になることも。善玉菌の多い腸内フローラにするために、乳酸菌で腸内フローラを整えることが大切なんです。

「新ビオフェルミンS」はおなかの調子を整えるものなので、便秘にもおなかがゆるい時にも両方の場面で使えます。プレゼンなどの大事な会議がある時や楽しみな子供とのお出かけ、デートなどの大事な予定がある時にも持っておくと良いですね♡

#2 プレママさんも必見!生後3ヵ月* から服用OK♡

生後3ヵ月の赤ちゃんからお年寄りまで服用が可能で、家族で使えるのもポイントが高いんです。ママになる人、なった人も家に置いておけば自分にも子供にも服用ができるので便利ですよね。

* 細粒のみ

子育てをしていると赤ちゃんの便秘や軟便は気になってくるもの。そんな時でも生後3ヵ月から飲めるので薬箱に1つ入れておきたいですね。

#3 有効成分は3種類の乳酸菌

おなかを健康な状態に整える“乳酸菌”。「新ビオフェルミンS」の有効成分は3種の乳酸菌(ビフィズス菌含む)のみなんです。

この3種の乳酸菌が小腸から大腸まで生きて届いて腸の調子を整えてくれます。さらに人の腸と相性がいい乳酸菌なので、定着性が良いのも嬉しいポイントです。食事や加齢、ストレスで乱れる腸内フローラを整えて、おなかのトラブルを改善しましょう。

#4 細粒と錠剤の2種類。好みで選んで♡

「新ビオフェルミンS」は、細粒と錠剤が用意されています。生後3ヵ月からの乳幼児には新ビオフェルミンS細粒を。5歳以上なら錠剤を服用してOKです。

15歳以上の大人は、1回につき、細粒は付属のサジですり切り3杯、錠剤は3錠が適量です。細粒は生後3ヵ月の赤ちゃんから服用ができるので子育て中の方にオススメです。(生後3ヵ月〜4歳までは付属のサジですり切り1杯)

5:いざという時にポーチにイン!持ち歩きにも◎

また、3錠ずつが包装された「新ビオフェルミンS錠・45錠」も用意されています。1回分ずつ梱包されていて持ち運びにとっても便利! ポーチに入れておけばいざという時に役立ちますね。

快適な毎日を過ごそう♡

誰もが悩みがちなおなかのトラブル問題。家の薬箱に「新ビオフェルミンS」を常備しておけば、快適な毎日が過ごせるかも。ぜひ取り入れてみてくださいね♡

「新ビオフェルミンS」公式サイト

アンケートにご協力ください

今回の記事&「新ビオフェルミンS」についてのアンケートを実施中。みなさまの声をお聞かせください♡

1分で完了!アンケートに答える

※本アンケートに関するお問い合わせはLOCARIお問い合わせフォームまでお願い致します。

記事に関するお問い合わせ