無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腰周りのどっしり感を軽減◎ 簡単ストレッチで脂肪の付きにくい下半身へ

ビューティ

1日を通して長時間同じ姿勢でいるという方は少なくないと思いますが、その影響でウエスト周りやお尻周りの筋肉が固まってさうと巡りが低下するため、むくみや贅肉でどっしり感が出てしまうものです。そこで習慣に採り入れたいのが、下半身のラインを作る上で重要な筋肉「大臀筋」を中心にアプローチできる簡単ストレッチ法になります。

【大臀筋ストレッチ】

ウエスト周りの引き締めや下半身の引き締めに効果を期待できるストレッチです。大臀筋は下半身の中でも特に大きい筋肉の1つなのでストレッチなどでアプローチすることで脂肪の付きにくい体作りにもつながります。

(1)床に座ってひざを曲げたまま片脚を前に出し、後ろ脚のひざを外側に倒す

(2)上半身を前に倒して手を床につき、お尻の筋肉を意識してゆっくり呼吸をしながら30秒間キープする

脚を変えて同様に行います。なお、キープする時の体勢ですが、体が硬くて下写真のような体勢を取れない方は「前に出している脚の位置と膝を曲げる角度を調整」して、体を傷めないように無理のない範囲で実践しましょう。

左右両方行って約1分程度できる簡単なストレッチですが、お腹や下半身の引き締め、ヒップアップ効果、むくみ予防、代謝UP、腰の痛みの緩和などさまざまな効果を期待できるのが魅力。ぜひ習慣的に実践して下半身のスタイルアップに役立てていきましょうね。<photo:Akihiro Itagaki ストレッチ監修:上田夕子(Dr.ストレッチ トレーナー/ミスワールドJAPANサポートトレーナー)>

Dr.ストレッチ トレーナー
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ