無料の会員登録をすると
お気に入りができます

輪郭をおしゃれに補正。小顔感高め[最旬ショートヘア]を作るポイント2つ

ヘアスタイル

「自分の輪郭だとショートヘアは似合わない」と感じている方は少なくないと思います。でも、シルエットやスタイリングの一工夫で輪郭はおしゃれにカバーできるもの。そこで今回は輪郭をおしゃれに補正しつつ小顔感まで高まる【最旬ショートヘア】を作るための2つのポイントをチェックしてみましょう。

「自分の輪郭だとショートヘアは似合わない」と感じている方は少なくないと思います。でも、シルエットやスタイリングの一工夫で輪郭はおしゃれにカバーできるもの。そこで今回は輪郭をおしゃれに補正しつつ小顔感まで高まる【最旬ショートヘア】を作るための2つのポイントをチェックしてみましょう。

小顔感高め最旬ショートヘア(1)“長め前髪×暗髪”による視覚効果を狙う

長めの前髪で顔周りをカバーしつつ暗髪で全体の印象を引き締めると、大人っぽい印象をつくりやすい上に視覚効果によって小顔感UPが叶います。

hair.cm

長め前髪と丸みシルエットの合わせ技でナチュラルで大人かわいい印象の暗髪ショート。それだけでも小顔感が十分に出ますが、さらにスタイリングで後ろにふんわりボリューム感を出すことで頭のサイズも小さく見せましょう。

前髪をパートをとって分けるときは、前髪で頬骨の辺りをカバーするのがポイントです。

hair.cm

頬骨をカバーしつつおでこを見せることで顔が細く見えるので、毛先に重みを残したスタイルでも軽やかな印象に。また、スタイリングで髪に無造作な流れを作ったり、束感を残したりすると、よりこなれた大人な雰囲気を醸せます。

小顔感高め最旬ショートヘア(2)“丸みシルエット”でサイドのボリュームをコントロールする

サイドのボリュームをコントロールしやすく、程良く輪郭補正してくれる“丸みシルエット”のスタイルは大人可愛くキマるので、ショートヘア初心者でもトライしやすいのが魅力です。

hair.cm

顔周りをカバーするようにスタイリングしてミニボブっぽく見せたり、サイドを耳にかけてすっきりとした印象に見せたりと、その日のファッションや気分次第で変化をつけられるのも嬉しいポイント。また、前髪に透け感を出してイマドキな大人顔に仕上げましょう。

丸みシルエットのスタイルにスタイリングで髪に少し動きを加えるとさらに旬度が高まります。

hair.cm

顔周りの髪を少し長めに残しつつ前髪を流し、後ろの髪にも動きが出るよう無造作にスタイリングするだけでOK。アンニュイな雰囲気漂う大人スタイルにクラスアップできます。また、毛先のニュアンスでシルエットの丸みを強調するのもポイントです。

輪郭を理由にショートヘアにするのを諦めるより、上手にカバーして新鮮な魅力を引き出したいもの。ぜひ今回紹介した2つのポイントを参考にして、お似合いの小顔感高めの最旬ショートヘアにトライしてみてくださいね。<top image出典:HAIR>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ