無料の会員登録をすると
お気に入りができます

バレンタインはこれが正解!お世話になったあの人へのチョコレート♡

2月のイベントといえばバレンタイン!でも「いろいろありすぎて選べない…」とちょっぴり憂鬱になっているチョコレート迷子も多いのでは?そこで、上司や同僚、友人やグループの仲間などを問わず誰にでも喜ばれるチョコレートの選び方をご紹介。ぜひトライしてみて。

PR
提供元: meiji
グルメ

令和初のバレンタインは「LOVE」より「LIKE」

明治のアンケート調査によると、2020年のバレンタインでは、「好き」よりも「ありがとう」の気持ちを伝えたいという人が上回る結果に!

つまり、本命でも義理でもない「サンクスチョコ」が新しいトレンドとして急上昇中。令和のバレンタインは「感謝」を伝えるのが正解といえそう。

感謝を伝えるなら「おいしく健康に食べられる」 が一番!

感謝の伝え方はいろいろありますが、お世話になったあの人に「ありがとう」という気持ちが伝わりやすいのは、相手の「健康」を願って贈ること♡「おいしく健康に食べられる」チョコレートなら、感謝の気持ちがしっかり伝わるはず。

高カカオチョコレートは高ポリフェノール!

「健康」を意識したチョコレートを選ぶ目安のひとつは「高カカオチョコレート」ということ。というのも、健康への働きが期待されている成分、カカオポリフェノールの含有量が高く、100gあたりで見ると、ポリフェノールを豊富に含むといわれるりんごの約3.8倍、赤ワインの約4.7倍も含まれています。

年一度のイベントにふさわしい「健康」を考えたチョコレートならコレ!

今は、さまざまな機能性成分を含むチョコレートが増えているけれど、バレンタインという年に一度のイベントでの贈り物と考えたら、高カカオチョコレート市場売上No.1* の「チョコレート効果」がおすすめです♡

高カカオチョコレート市場売上No.1* の「チョコレート効果」をもっと詳しく♡

* インテージSRI 高カカオチョコレート市場2018年4月~2019年3月累計ブランド別販売金額

なんと、1箱あたり1905mg!

「チョコレート効果」は、 1箱(75g)あたり、カカオポリフェノール1905mgを含む高カカオチョコレート* 。標準チョコレートのカカオポリフェノール含有量は100gあたり750mgというから、比べると「チョコレート効果」は2倍以上**ものスゴい量!

*「チョコレート効果 カカオ72% 75g」に含まれるカカオポリフェノール量
**明治社製チョコレートによる比較

カカオポリフェノールは、体にとどめておくことができない

「健康」を考えるなら、ポリフェノール含有量が多いチョコレートを選ぶだけではなく、食べ方も大事です。なぜなら、ポリフェノールは食後2時間でピークをむかえ、24時間で体外に排出されてしまうという性質を持っているから。

体にとどめておくことができない成分だからこそ、少しずつこまめに取り入れるのがカシコい食べ方なのです!

おいしく健康に食べるなら、1日3〜5枚が目安

「チョコレート効果」をおいしく健康に食べるための目安は、1日3〜5枚*。たとえば、食事や気分転換のタイミングに1枚ずつ食べると、習慣化しやすいですよね。

*1日の間食の上限摂取目安(厚生労働省)を参考に設定した本品における目安。 

「チョコレート効果」は低GI食品でもあった!

実は、「チョコレート効果」は体内への糖質の吸収がおだやかな低GI食品というのもうれしいところ。健康を考えるうえでは、こまめに栄養を取りつつ、血糖値を安定させることが大切です。

そのためには、低GIを意識した質の良い間食が重要で、「チョコレート効果」はまさにうってつけというわけ。

「サンクスチョコ」にも「マイチョコ」にもおすすめ!

相手の健康を思いやる「サンクスチョコ」は、感謝の気持ちを表すのにもぴったり。もちろん、「マイチョコ」として、自分へのご褒美として食べるのもアリ。

今年のバレンタインは「チョコレート効果」でお世話になった人の健康を想いながら「ありがとう」を伝えてみませんか♡

明治 チョコレート効果 公式サイト