無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カラオケ嫌いはもう卒業!"歌が上手"と褒められる方法とは?

秋は、四季の中で夜の時間が最も長くなる季節。辺りが暗くなると、人恋しくなり飲みにでかけたくなる方も多いのでは?今回は、二次会まで楽しむためのカラオケ上達法を伝授します♡

PR
2016年11月
ライフスタイル

なんだか飲みたくなる秋の夜長。

秋は、陽が昇ってから落ちるまでの時間が四季の中で一番短くなる季節。つまり、夜の時間が一番長い季節なんです。暑すぎず寒すぎない秋の夜長は、友達と飲みに出かけたくなりますよね。

歌がもっとうまかったら。

飲み会が盛り上がると、二次会は決まってカラオケ。みんなでいればどんな曲でも楽しいけれど、歌は上手くないし恥ずかしいからいつも帰ってしまう。そんな経験はありませんか?

まずは、呼吸法を身につけよう

歌が上手く歌えない、声がでない理由は呼吸法にあるかもしれません。まずは、歌う時に使う呼吸法を体に染み込ませるための、3つのポイントを押さえることから始めましょう。

簡単ストレッチで「体を楽器にする」

まず、左手の指先を左肩に軽くのせます。次に、そのまま肘で円を描くように左肩を回し、右も同様に行います。これで肺へ空気が入りやすくなり、お腹から声を出せるようになります。

「びっくりスローモーション」で声量アップ

声を出しやすくするために喉を開きましょう。口を大きく開いて息を思い切り吸い込み、吸い切ったら声を出しながら空気を全て吐きます。すると喉が開いて高い声も出しやすくなります。

簡単腹式呼吸「ポコ&はー」で楽に声を出す

両足を肩幅に開き、おへその上のみぞおちの部分に右手のこぶしを当てます。その上に開いた左手を添えて、軽く押すように負担をかけたら、お腹の力で押し出しながら、「は」「はー」と発声しましょう。

歌唱力を身につけよう

呼吸法だけで歌が上手くなると思ったら大間違い。カラオケ上達のためには、音程やリズム感、表現方法のスキルも大事ですよね。

Bee ボイストレーニングスクール

歌のトレーニングを受けて、短期集中でスキルアップを目指しませんか?

渋谷新宿・池袋・赤羽とアクセスしやすい場所にあるこちらのスクールでは、インストラクターが目的やレベルに応じて基礎から丁寧に教えてくれます。

レッスン以外にも交流会やイベントなどが充実しているので、趣味の一環としても楽しめそうですね。まずは無料の体験レッスンに行ってみて、歌のコツを伝授してもらうのもいいかもしれません♡

体験レッスンの詳細はこちら

きれいな歌声を自慢して♡

年末年始の飲み会にむけて今から歌唱力を鍛えたいあなた。プロのインストラクターのレッスンを受けて、カラオケ上達のコツを教えてもらいませんか?是非、近くのスクールを探して足を運んでみてくださいね。

近場のスクールを探す
記事に関するお問い合わせ