無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそDIY!オシャレなベランダをつくる楽々レシピとコツ♡

2016年も残すところあと2ヶ月。今年の流行りのDIY、気になっているけどまだできてないという人は、今が始めどき!初めてさんでもできるDIYレシピとDIYに起こりがちな「これって大変…」を楽にしてくれるムーヴキャンバスをご紹介します♡

PR
2016年11月
DIY

今年も残りわずか……

DIY、挑戦してみませんか?

今年流行ったDIY。"やってみたいけどまだできてない"なんて方も多いのでは?今年も残り2ヶ月を切った今が始めどき♡

材料を買いに行ったり、女子だけで車に荷物を積むのは大変そうですよね。観葉植物を置いてオシャレな海外風のお家にしてみたいけど、観葉植物は不安定で持ち帰るのが大変……。

ズボラさんも、初心者さんでも大丈夫!

でも、そんな心配は必要ありません!ズボラさんや初心者さんでも簡単にできちゃうDIYで、ガラッと大変身させちゃいましょう♡

今回は、ついシンプルになりがちなベランダをオシャレにDIYして友達や彼を呼びたくなるお家に♡

DIYを始める前に!コレだけは押さえて♡

買い出しに必須♡ムーヴキャンバス

DIYをするなら、まずは材料を買わないといけませんよね。そこで、お買い物に車が必須!大人女子に人気なのが女子目線の「あったらいいな」を叶えた、ムーヴキャンバス!

ボディカラーはシンプルなモノトーンと人気のストライプスカラーの全17色。自分らしいカラーを選べるから、愛着も一段とわきますよね。ムーヴキャンバスがあれば行きたい場所が広がること間違いなし!

日差しが強いときも安心なUVカットガラスで紫外線対策もしっかり♡

しかも両側スライドドアなので両手で荷物を持っていても大丈夫!荷物もパッと積み込めます。

賢い買い物にはココ!

ホームセンター島忠は、プチプラでカスタマイズしやすいDIY商品が多く、自分らしさを出せると話題。DIYしたい物や場所の全体像をイメージしながら材料を買いましょう。

撮影協力:島忠・HOME‘S 北赤羽店

ムーヴキャンバスのHPはこちら♡

素敵なベランダを作りましょう♡

ベランダのDIYは実はとっても簡単!それでいて一気に雰囲気が変わるので、初心者でも楽しんでできてオススメです。

買い出しのときの「困った」がない♡

DIYでよくあるのが想定外の「あ、困った!」。DIYは観葉植物や細かい小物など不安定な荷物も多いので、転倒などの不安はつきものなんです。でも、そんな心配が不要なのがムーヴキャンバスならでは♡

ムーヴキャンバスは、ドアハンドルのスイッチを押すだけで電動で開くワンタッチスライドドアだから、両手で荷物を持っていても荷物を積み込みやすい♡

塗料や観葉植物は「置きラクボックス」の中敷きを立てて積み込めば、運転中にどこかに転がったり倒れたりする心配も不要です♡

スライドドアで後席を開けて荷物を積んだ後は、そのまますぐに運転席へスムーズな移動ができるのも嬉しいポイント。買い出しの日がたとえ雨でもパッと荷物を積むことができますよ。

ムーヴキャンバスでDIY♡

購入したものはこれ♡

・格子ラティス
・フロアタイル
・すのこベンチ
・ペンキ(ブラウン)
・刷毛
・敷石
・観葉植物

ポイント① タイルを置けない隙間は敷石を♡

まずはフロアタイルを並べましょう。パネルになっているから簡単に置けて一気に格上げした印象に。サイズが合わず隙間ができたところは最後に敷石を置くとキレイです♡

ポイント② 塗料は薄塗りを繰り返す!

次にベンチにブラウンの塗料を塗って、こなれたビンテージ風に仕上げます。上手に塗るコツは塗料を少しずつハケにとって、木目に沿って塗ること!

すのこの隙間も薄くくまなく塗れば海外のカフェにあるベンチみたいになりますよ♡
褪色が気になるときはニスで光沢を出したりブラウン系のワックス塗料を使うのがおすすめです。

ポイント③ 小物でオシャレ可愛く♡

先程購入した、観葉植物や小物、格子ラティスを配置します。ベランダに汚れたところの目隠しとして置くと一石二鳥!オシャレ感が出るようラフに置いたら完成です♡

新しい体験を♡

自分にはDIYなんてできない、と思っていませんでしたか?意外と簡単に、オシャレな海外風なベランダを作ることができます♡こんな可愛いベランダだと、休日や家で過ごす時間がよりハッピーになりますよね。

ムーヴキャンバスがあればDIYの幅が広がったり、行けなかった場所に行ってみたり、ここから新しい体験に繋がります。今年も残すところ、あと2ヶ月。やり残したことをやってみてはいかがですか?

ムーヴキャンバスについてもっと詳しく♡

撮影車両:ムーヴ キャンバス G”メイクアップ SAⅡ” 〈2WD〉オプション装着車。装備内容はグレードによって異なります。

記事に関するお問い合わせ