無料の会員登録をすると
お気に入りができます

住環境で肌は変わる?畠山愛理さんと読み解く『美肌県グランプリ2020』

PR
提供元: ポーラ
ビューティ

肌の傾向が丸わかり!2020年美肌県グランプリ発表

あなたのお住まいの県はどんな“肌の強み”がある?

ポーラのパーソナライズドブランド「APEX(アペックス)」から毎年発表される美肌県グランプリはチェック済みですか?

美肌県グランプリは、アペックスの肌分析により蓄積した約1870万件(※2020年1月現在)の肌のビックデータから、全国47都道府県それぞれに異なる肌の傾向と対策が分かるコンテンツです。肌の個性やその肌を育んでいる地域の個性を慈しむきっかけをつくりたいという想いから、今年も美肌県グランプリを実施しています!

2020年は総合賞BEST3だけではなく、皮脂毛穴レスやニキビレス、透明感など14の部門賞も設けています。また、今年から都道府県ごとの肌特性を踏まえたキャッチコピーも公開されています!

東京都は「人は多いが毛穴は少ない」、北海道は「ちょっきりイイ肌、どさんこ肌。」など、47都道府県それぞれ公開しているので、是非お住まいの地域をチェックしてみてください♡

現役時代は海外、現在は東京と広島を拠点に生活。畠山愛理さんに聞きました

今回は、美肌県グランプリの結果について、元新体操日本代表「フェアリー ジャパン POLA」畠山愛理さんと、現役時代から畠山さんの美容コーチを務める河野伶佳さんにお話を伺いました。

気づいてなかった!畠山愛理さんと紐解く美肌県グランプリ

#1.なんとなくの不調は住環境にあった? 現役時代、ロシア遠征で感じた肌変化

東京で生まれ育ち、選手時代は海外遠征など移動も経験。ご結婚された現在は広島と東京の2つを拠点にして暮らしている畠山さん。人一倍、住環境に影響を受けやすいライフスタイルを送っており、美肌県グランプリは気になる内容です。

選手時代は1年のうち約半分はロシアでの生活でした。飛行機にも長時間乗ることもあって、肌荒れには悩まされていました。体育館の中はエアコンで暖かく、室内外の温度差が桁違いでした。気温の変化も肌にはストレスがありました。
でも、同じ日本国内でも変化があるのは新たな発見でした。東京と広島を拠点に生活していますが、2つの地域の結果を見て驚きました……!ここ最近、なぜか肌が乾燥しやすくなったんです。(畠山さん)

ここ3カ月以上は、アペックスで“肌トレ”を実践中。肌トレとは、“なりたい肌を叶えるために、肌の弱みや強みを分析し、最適なお手入れ方法を導きケアをする”こと。アペックスを通して自分の肌の個性とは向き合っているものの、地域環境までは意識できていませんでした。

日本国内ではあまり感じることはないかもしれませんが、実は、肌は環境によって変わります。ポーラがこれまでに蓄積した肌データと環境データを掛け合わせたところ、環境変化によって起こりやすい肌トラブルなどがわかりました。
美肌県グランプリは、さらにライフスタイルに関するアンケートなども細かく分析したものです。肌のうるおいやシミのリスク、ニキビリスクなども47都道府県で変わることがわかりました。(河野さん)

日本とロシアは最たる例ですが、肌は思っている以上に敏感。日本国内でも差が出るのは納得できますね。

#2.結婚して変わった?ライフスタイルも肌にとって重要

さらに、ライフスタイルも重要な指標であると河野さんは続けます。

畠山さんの居住地域、東京都では、エイジング毛穴レスの項目で2位。ストレス耐性2位と2つの部門で全国トップレベルにありますが、肌のうるおいを奪う秋冬の肌荒風には要注意。室内でも紫外線ケアを行い、自律神経のバランスを整えると良いです。
一方、広島はニキビレスNo.1に輝いていて、肌の水分によるハリがあります。食生活を改善したり適度な運動をとりいれることで、さらに美しい肌を目指せます。(河野さん)

置かれた環境を把握して生活習慣やスキンケアも意識的に変えることが美肌へと繋がることがわかります。畠山さんは、実際に結婚されて広島で暮らすようになってライフスタイルは変わりましたが、肌にも影響しているのでしょうか?

広島では人も少なくて移動も車中心。性格ものんびりしていてストレスもあまり感じにくいです。地域による特性も参考にしながら、これからのスキンケアや習慣に活かしたいです。(畠山さん)

実際に2016年は美肌県総合1位に輝いた広島県ですが、降雨量が多く日焼けの機会が少なかったことや、暖冬だったことが影響していました。毎年同じというわけでもなく、環境も日々変化しているので、みなさんも地元の都道府県の結果を参考に、日々ケアをアップデートしていきましょう。

#3.肌トレ継続中! 環境にあわせたスキンケアをプラス

現役時代から美のパートナーであるアペックス。肌のデータを確認しながら、お肌の調子はもちろん、季節など外的環境にも合わせて3カ月に一度アップデートすることがおすすめ。畠山さんは、この3カ月の間で肌トレの結果が目に見えつつも、地域にあわせたケアの必要性を感じています。

フルラインでアペックスを使い続けています。化粧水は肌なじみがよくてお気に入りです。アペックスは、肌分析に基づいて導き出された“本当に自分に合っているアイテム”なので、自信を持って使えます。成分だけじゃなくて、使い心地もお気に入りを選べるので、毎日のスキンケアの時間が楽しくなりました。
今回の肌分析で数値が改善されたので、さらにモチベーションも上がりました!地域に合わせたケアも意識して、もっと上を目指していきたいです。(畠山さん)

3カ月前に結果を見た時は「採点される競技だったので、低い数値の項目は、これからのケアに気合が入る!」と意気込んでいた畠山さんですが、しっかりと結果が出ていました。

3カ月で皮脂と水分のバランスが大きく改善しています。前回は水分が少なかったのですが、アペックスを使うことで水分量が増えています。これから乾燥する季節になるので、今回の分析結果から新しいアイテムにアップデートするともっと良くなると思います。地域に合わせた環境ケアもプラスして、さらに上を目指しましょう!(河野さん)

日々のスキンケアをその地域ごとにサポートしてくれるポーラだからこそできる美肌県グランプリ。これからは、住んでいる地域にあわせたケアも意識していきたいですね。

地元の順位や肌詳細を今すぐチェック

肌分析×住環境から導き出されたアペックスのセラム

畠山さんの肌データから提案されたのは、環境変化に着目した2種のセラム。気圧やUVによる「環境くすみ™」に着目して、透明感あふれるような肌を目指すミルクタイプと、PM2.5や花粉、黄砂などのマイクロダスト®から肌を守ってくれるオイルタイプです。

普段から愛用しているアペックスですが、新しく出たセラムも本当にお気に入り。なめらかなミルクととろみのあるオイルが肌に浸透していくのを感じます。これからも地域の環境変化も意識しながら、使い続けていこうと思います。肌がどう変化するか楽しみです!(畠山さん)

その人の肌の特徴に加え、地域や環境の違いによって最適なケアができるアペックスのセラム。一人一人異なる「肌状態」と「住んでいる地域の環境変化」からこれからの肌の変化を予測し、肌に合った美容液を3タイプから提案する「環境予報ケア™」で、「自分らしい肌」を目指せます。

「ミルク・くすみタイプ」「ジェル・ニキビタイプ」「オイル・バリアタイプ」があります。環境による肌への影響は実感しているものの、ケア方法が分からずに肌変化を繰り返してしまう。そんな全ての人に試してほしいアイテムです。

“アペックス 肌トレ”で未来の肌に投資

地域はもちろん、一人一人の肌の個性と向き合ってきたパーソナライズドブランド・アペックス。今なら、アペックスのセラムを試せるキャンペーン実施中。肌の変化を予測して新しいスキンケアをはじめてみませんか? “アペックス 肌トレ”で、将来の肌に投資しましょう。

■ Twitterのフォロー&リツイート!紹介したセラムが抽選で当たる

公式Twitterアカウント(@POLAAPEX)をフォロー&キャンペーン投稿をツイートしてくださった方の中から30名様に、「アペックス セラム」をプレゼント中! 期間限定なので今すぐチェック!(2020年11月23日まで)

■ 気になる結果はこちら。必要なケアは何?

美肌県グランプリの結果をチェック

■ アペックス公式の情報はこちら

アペックス 公式サイト
最新情報はアペックスのTwitterをチェック

■ 読者の皆様へ。簡単なアンケートにご協力ください!

アンケートに回答する

ポーラ お客さま相談室 0120-117111

■ “アペックス 肌トレ”の様子はこちらの記事をチェック

お手本は畠山愛理さん。オリンピアンの美習慣「アペックス 肌トレ」に密着!

401

※アルコール消毒、ソーシャルディスタンスを徹底し、感染症対策を⼗分に配慮して撮影を実施しております。

撮影:松永望、スタイリスト:西野メンコ、ヘアメイク:藤原リカ(Three PEACE)