無料の会員登録をすると
お気に入りができます

40歳を過ぎたら気をつけて! やりがちなNGメイク

メイク

年齢を重ねていくと徐々にシワやたるみ、毛穴といった肌悩みが増えていき、肌のトーンも少しずつ変わってきます。それにもかかわらず、ずっと同じメイクをしていると、そのメイクが今の自分に似合わないどころか、かえって肌悩みを悪目立ちさせてしまうこともあります。

今回は、40歳を過ぎたら気をつけるべき、やりがちなNGメイクをご紹介します。

「ツヤ命」は危険

1:毛穴を悪目立ちさせるパール入り化粧下地やフェイスパウダー

ファンデや化粧下地は、お気に入りのものをもう何年も使用しているという人がいます。しかし、トレンドも自分の肌状態も年々変化しています。そのためベースメイクこそ毎年トレンドを取り入れながらアップデートしていく必要があります。

それにも関わらず、「ツヤ命」と随分前に流行したパールを多く含んだ化粧下地やフェイスパウダーをまとっているならNG! 肌にツヤや輝きを出すのと同時に、毛穴や小じわといったエイジングサインを悪目立ちさせる恐れがあります。そういったアイテムの使用は40歳からは避けるのがベストです。

2:ダークカラーで囲む、太すぎ、はねすぎのアイライン

目ヂカラをアップさせようとダークカラーで目元を囲むようにアイラインを入れたり、太いアイライン、目尻側で大胆に跳ね上げるアイラインを入れている人がいます。しかし、これも残念ながらNGメイク。

ダークカラーで目元を囲むようにしてアイラインを入れると、目の周りのくすみと一体化して老けて見えたり、怖い印象に見えたり、目が小さく見えたりします。また、太いアイラインも古臭く、目を小さく見せてしまうことに。跳ね上げも大胆すぎると古臭い印象を与えたり、浮いてしまうことがあります。

そのためアイラインは目の際に沿って細く、まつ毛の隙間を埋めるように入れるのが◎。跳ね上げる場合もまぶたのカーブに沿って自然に流すように軽く跳ね上げた方がナチュラルで年齢にふさわしい仕上がりになります。

3:上まぶたに複数色を用いたアイメイク

誰もがひとつは所持している複数色を含んだアイシャドウパレット。それひとつでいく通りものメイクを楽しめ、組み合わせにも迷わなくて済むので非常に便利なアイテムです。しかし、これも注意が必要なアイテムです。

というのも、40歳をすぎると徐々にまぶたが垂れ下がり、上まぶたに複数色を用いたグラデーションメイクをすると、まぶたを閉じている時はバッチリでも開けるとイマイチな仕上がりになる......、という事態に陥りがちです。

そのためできるだけアイメイクは肌なじみのいいカラーですっきりと仕上げた方が年齢に合ったメイクになります。アイホール全体に広げるカラーは基本単色とし、目の際にラインのように入れるものをもう1色使うまでに留めるのがベストです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

リップはここに注意!

4:主張が強すぎたり、ヌーディで顔色が悪く見えるリップ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ