無料の会員登録をすると
お気に入りができます

数年同じメイクの人すぐマネして!ここを変えるだけで今っぽ顔に♡垢抜けテク3選

トレンドメイクは挑戦しにくいけれど、定番メイクなら安心と思ってしまいますよね。定番メイクといえばコンサバでベーシックなイメージかもしれませんが、それにこだわりすぎてしまうと少し流行遅れな、古い印象に見えてしまうこともあります。今回は、定番と言われるメイクのちょっとした改善ポイントをご紹介致します。

メイク

まつ毛は全体に塗って盛るより、根元を盛る!

大きな目元に見せたい、そんな時に使えるアイメイクテクニックとして定番なのは「まつ毛盛り」ではないでしょうか。

まつ毛を長く、ボリュームを出し、ぐっとカールさせると、目元がとても印象的に見えますよね。

しかしまつ毛を盛り過ぎてしまうと、どこかやりすぎ感のある印象になってしまいます。最近は、まつ毛の盛り方が変わってきています。

以前はとにかく長さ、ボリューム重視の傾向にありましたが、最近は目のフレームを自然に強調できるような根元盛りをする方が増えています。

まつ毛全体にマスカラを重ね塗りするのではなく、全体にはさらっと、まつ毛の根元は重ね塗りして濃く密集したような仕上がりにしてみましょう。

たったこれだけの違いでも、盛りすぎた少し古い印象から自然に目力アップした定番メイクへアップデートできますよ。

しっかり塗りリップもリップラインを取り過ぎない!

最近は「馴染み」の良さをより意識したメイクが定番化してきているので、はっきりと口元の印象が強くなると、どこか少し古い印象を与えてしまいます。

かといって口紅を塗らないと血色感がでない、流行りのグラデーションリップをオフィスメイクにするのに抵抗があるという場合もあるでしょう。

きちんと塗るにしても、少し塗り方を意識すると今っぽい定番メイクの仕上がりになりますよ。

実際の唇よりも1・2mmほど内側に塗り口紅のリップラインをしっかり取らず、軽く唇の上下を合わせるようにして馴染ませましょう。

たったこれだけで、輪郭がしっかり取れすぎた印象にはならず、きちんと塗っているのに馴染みのよい口元になりますよ。

ハイライトはギラギラさせるよりも他の部分との違いをふんわり出す!

ハイライトはとにかくツヤや立体感重視!ということで、乗せれば正解だと思っていませんか?

特にツヤや立体感がきちんとでるハイライトにはパールがしっかり配合されていることが多く、それをいたるところに乗せすぎるとギラギラ目立ちすぎてしまい逆にのっぺりとした印象になります。

また、パール含有量が多いものを毛穴が気になる箇所に乗せると、日中毛穴が悪目立ちすることもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ