無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デイリーコーデの強い味方[ワイドパンツ]今感たっぷり着痩せコーデのポイント

ファッション

ワイドパンツをコーデに採り入れてみたものの「バランスが取りづらくて、意外とコーデが難しい」と感じている方は少なくないと思います。そこで今回はワイドパンツの特徴を踏まえつつ、着膨れせずにおしゃれに仕上がるポイントを紹介。どんなコーデをするとバランス良く合わせられるのか、そのポイントに迫ってみましょう。

|ワイドパンツってそもそも何?

ワイドパンツの定義がはっきりわからない方もいらっしゃるでしょう。ワイドパンツとは、通常のパンツよりも生地が多く幅の広いパンツのことを言います。

そして、ワイドパンツはガウチョやスカンツ、バギーなど種類が多岐に分かれています。いずれもコーデによって脚長効果や細見え効果を期待できるので上手にコーデに採り入れたいところです。

【種類別】ワイドパンツの特徴をチェック

一口にワイドパンツといってもどんどん新しいデザインが出てきて、それぞれの特徴や違いが曖昧になっている方も少なくないはず。

そこで、ガウチョ・スカンツ・バギーの3種類の特徴をチェックしてみましょう。

ワイドパンツの特徴(1)ガウチョ

ガウチョパンツというのは、元々は南米で牧畜を生業とする方がはいていたパンツのこと。裾に行くにしたがって広がるデザインで動きやすく、主にひざ下から7分丈のものを指します。ふくらはぎの下ぐらいまでの丈があり足首が見えるので、ダボッとしたシルエットでも華奢な印象を与えられるのが特徴です。

ワイドパンツの特徴(2)スカンツ

スカンツとは、スカートとパンツを組み合わせた造語で、見た目はスカートなのにパンツになっているアイテムを指します。柔らかい雰囲気を残しつつ、動きやすさも兼ね備えているのが特徴です。長さに決まりはなく、ひざ下から足首が隠れるぐらいのものまであり、デイリーコーデに投入しやすいアイテムと言えるでしょう。

ワイドパンツの特徴(3)バギー

バギーパンツは袋状の衣服という意味があり、ゆったりとしたシルエットのパンツ。元々は裾を絞ったデザインのパンツでしたが、最近ではストンと落ちるデザインのものも登場しています。ワイドパンツの中でも、かなりボリュームがあるパンツなので、上半身に適度なボリュームを持たせるとコーデしやすいでしょう。

|ワイドパンツコーデのポイント5つ

ワイドパンツはボリュームがあるので、どのようにコーデすれば良いのか迷いがちです。それでは定番のブラウスやニット、コートまで5種類に分けてコーデのポイントを解説。脚長効果や細見え効果を引き出すコツをチェックしてみましょう。

ワイドパンツコーデのポイント(1)ブラウス

ワイドパンツにブラウスを合わせる時は、きれいめな雰囲気に仕上がるように心がけましょう。ブラウスをウエストインしてウエスト位置を強調するとバランスが良くまとまり、きちんと感も醸せます。

www.dholic.co.jp
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ