無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021春トップス]「バンドカラーシャツ」が今季の新定番!一枚でも重ねても素敵

ファッション

久々に明るい色やワクワクするようなデザインが豊富なこの春、真っ先に買うべきはトップス! バイラ世代の伊藤真知さん&加藤かすみさんがおすすめするのは「バンドカラーシャツ」。オーバーサイズを一枚で着るのはもちろん、ニットベストと重ねてもおしゃれ!

久々に明るい色やワクワクするようなデザインが豊富なこの春、真っ先に買うべきはトップス! バイラ世代の伊藤真知さん&加藤かすみさんがおすすめするのは「バンドカラーシャツ」。オーバーサイズを一枚で着るのはもちろん、ニットベストと重ねてもおしゃれ!

心地よい緊張感で気分一新! 新ベーシックな《バンドカラーシャツ》

ebure《エブール》

Kasumi's point
「黒パンツなどでもカッコよくて素敵ですが、モノトーンではシャープになりすぎるのできれい色で優しげに。春らしさと同時に、バイラ世代らしいフェミニンさも味わえます」
Machi's point
「一枚でパサッと着たいオーバーサイズ。だからこそ厚手だったり、パリッとしたり、きちんと見えする素材にもこだわりたいところ。深めのスリットも動きやすくて高ポイント!」

清潔感あふれるクリーンな白。ひとさじの“隙”が女らしさに
「首が詰まったバンドカラー、お尻も隠れるオーバーサイズとなると、女性らしさが不足しがち。抜け感を出す上でも、袖口をたくし上げて手首を見せるひと手間は欠かせません」(加藤さん)。大ぶりなチェーンブレスもクールな女っぽさにひと役。シャツ¥36000/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥17000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥42000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ブレスレット¥15000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ペリーヌ タヴェルニティ)

CADUNÉ《カデュネ》

Kasumi's point
「キリッとしたい日に選びがちなシャツだからこそ、ボトムはきれいめパンツで洗練させて。靴やバッグも品のいい感じに」

久しぶりにシャツを着たい、そんな気分に寄り添うブルー
ストライプ+センタープレスパンツの相乗効果で、すらっと。「一般的な“襟つき”と比べてカジュアルなバンドカラーは、あまりシャツを着ない私でも取り入れやすい一枚。とはいえ白は少々ハードルが高いので、よりカジュアルに見えるブルーから挑戦!」(伊藤さん)。シャツ¥21000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) パンツ¥21000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24000/ビームス ライツ 渋谷(ファビオ ルスコーニ)

FRAY I.D《フレイ アイディー》

Machi's point
「旬ブランドからも続々と登場しているニットベストつき。バンドカラーなら重ねても学生感がなく洒落て見えます」

コーデずみの便利な一着は色数をしぼってすっきりと
「トップス一枚でレイヤードが完成されているので、シャツかニット、どちらかに近い色のボトムを合わせるだけできれいにまとまります。さっぱりしすぎるようなら、柄バッグでひと盛りして」(加藤さん)。シャツとニットは単品でも使えて大活躍。ニットつきシャツ¥18000・スカート¥22000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) バッグ¥45000/アマン(ア ヴァケーション) ピアス¥12000・リング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール) 靴¥32000/ベイジュ(ピッピシック)

《受け皿ボトムは》

パンツでもスカートでもシュッと見えるきれいめなデザインを
多くはオーバーシルエットだからこそ、基本的にボトムは細身。シャツのきちんと感を生かし、センタープレスの入ったテーパードやストレートシルエットのパンツできれいめに仕上げるのがベター。スカートを選ぶときも、縦のラインが強調できるプリーツなど、ほっそり感を意識して。※モデル着用分と同じ

撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、渡辺謙太郎(人) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年3月号掲載

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ