無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2021春トップス]「きれい色カーディガン」の一番今季らしい着こなしって?

ファッション

久々に明るい色やワクワクするようなデザインが豊富なこの春、真っ先に買うべきはトップス! バイラ世代の伊藤真知さん&加藤かすみさんががおすすめするのは「きれい色カーディガン」。気分が上がるだけでなく、瞬時に春スタイルに見せるは、ボトムにもカラーを持ってくるのが今年流。

上がるカラーで旬のおしゃれへ一気にシフト!《きれい色カーディガン》

Drawer《ドゥロワー》

Kasumi's point
「ほどよくフィット感のあるリブニットなら美しい体のラインが出てきれいな印象。流れるような動きの出るつやスカートも、女性らしさにひと役買ってくれます」
Machi's point
「発色のよさはもちろん、着心地も軽やかなコットンベースのニット。今日から初夏まで長いシーズンに活躍してくれるからこそ、ちょっと上質なものに投資してみるのもアリ」

透明感を引き出すグリーンとつやめくベージュで美女感アップ!
初めてなら、鮮やかな色でも甘すぎない寒色系からスタート。色×色が難しければ、メインアイテム以外は同じベーシック色でそろえてしまうのも手。「黒やネイビーといったダーク色のボトムは春には重く、きれい色とコントラストがつきすぎてしまうので避けるべき。白ほど爽やかすぎず、グレーより優しく仕上がるベージュがベスト」(伊藤さん)。カーディガン¥49000・トップス¥43000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) スカート¥21000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) バッグ¥180000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ) リング¥10000・バングル¥12000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード)

Demi-Luxe BEAMS《デミルクス ビームス》

Kasumi's point
「せっかくのきれいな色なので、ツインニットで印象を強めて。この春、人気の柄スカートも盛り上げ役として投入!」

ニットの色を拾ったペイズリー柄スカートで上品なインパクトを
一見、派手に思えるきれい色×柄スカートも、ニットに近い色を柄で拾えば、思った以上に簡単&上品。「今年は柄スカートのバリエーションも豊富なので、辛めなペイズリー柄で差をつけても新鮮。小物は“真っ白”で抜け感を」(伊藤さん)。カーディガン¥13000・トップス¥11000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) スカート¥24000/カデュネ プレスルーム(カデュネ) ピアス¥55000・リング¥10000/ジ アナザー ミュージアム(アルティーダ ウード) バッグ¥48000(ペリーコ)・靴¥125000(ザネラート)/アマン

ebure《エブール》

Machi's point
「発光したような、それでいて少しくすみがかったようなニュアンスイエローが今年顔。色ボトムでさらに鮮度よく」

旬のカラーonカラー。トーンをそろえれば大人っぽくまとまる
「レモン色×ライトブルーのような目を引く色同士は難しいと思われがちですが、淡さや明るさをそろえることを意識して。ここを守ればどんな色のかけ合わせもうまくいきます」(加藤さん)。カーディガン¥26000・トップス¥21000/ebure GINZA SIX店(エブール) パンツ¥17000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マルティニーク) バッグ¥34000/ビームス ライツ 渋谷(ヤングアンドオルセン) ピアス¥17000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ニナ アンド ジュール)

《受け皿ボトムは》

色のインパクトにのみ込まれない意外性のあるボトムを
今年のきれい色は“潔く着る”のがキーワード。赤や黄色にグリーンを合わせるなど、上と同じくらいパンチのある色をボトムに持ってきても、淡さや明るさをそろえておけばチグハグな印象は皆無。控えめに見えるベージュもシルク混で光沢が美しかったり、ドラマチックに映えるものを。※モデル着用分と同じ

撮影/魚地武大〈TENT〉(物)、渡辺謙太郎(人) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/大政 絢 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年3月号掲載

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ