無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自宅が「ミッフィーカフェ」に!付録アイテムで簡単に可愛いメニュー作れるよ。

ライフスタイル

このミッフィー型のスライスチーズがのったハンバーグカレー弁当、「ミッフィーカフェ」のメニューみたいじゃないですか?

じつはこれ、スーパーで購入したお弁当に、自宅で"ひと手間"を加えたもの。使ったのは、宝島社が2021年2月24日に発売した「セルクル&ステンシルつきでもっとかんたん! かわいい! ミッフィーのカフェレシピ BOOK」の付録です。この本の付録を使えば、自宅で手軽にミッフィーごはんやスイーツができますよ。

付録は3つ

付録は、ミッフィーの顔型に型抜きや成形ができるセルクル1つと、顔が描けるステンシル2枚です。

小さめのいちごパンをセルクルで型抜き

セルクルのサイズは、高さ80×幅56×奥行25mm。ちょうどスライスチーズを型抜きできる大きさです。素材はステンレススチールで、オーブントースターにも使用可能です。

しっかりした作りなので、厚みのあるパンを型抜きするのもキレイにできました。

ステンシルは2種あります。ひとつは、ミッフィーの顔が描けるタイプ。セルクルで型抜きした顔にピッタリと合う位置で目と口を描くことができます。

今回、カレールーをスプーンで取り分けて顔を描いてみました。

細かな具が入り込んで穴が詰まったり、ルーを埋め込みすぎたりすると微妙な表情になってしまいますが、2~3回トライしたら上手に描けるようになりました。

もう一つはミッフィーの顔の輪郭も描けるステンシルです。蒸しパンにココアパウダーを使って顔を描きました。ココアパウダーは、スプーンで少しずつ振りかけてもいいですが、茶こしを使ったほうがきれいに仕上がります。

ステンシルの素材はPP(ポリプロピレン)で耐熱温度は80度。ラテアートにも使えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ