無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スタイルアップ効果大◎ 1日5セット[お腹&背中の贅肉を落とす]簡単習慣

美容

体型カバーを意識したコーデをしていても、ふとした瞬間にお腹や背中、そして二の腕などのラインは周りからわかってしまうもの。やはり贅肉対策にきちんと取り組みんでいきたいところです。そこで習慣に採り入れたいのがお腹や背中、さらには二の腕の贅肉を丸ごと引き締めるピラティスの簡単エクササイズ【ハンドレッド】になります。

【ハンドレッド】

目に見える筋肉だけでなく身体の深部にあるインナーマッスルも強化できるので、姿勢が改善され、見映えする体へと導いてくれます。また、床で寝ながらできるので、ちょっとしたスキマ時間に実践してみましょう。

(1)仰向けで寝て両ひざを立てて脚を腰幅程度に広げ、息を吸いながら骨盤を後傾させてお腹を凹ませ、骨盤を床にピタッとくっつける

(2)両ひざを持ち上げ、ひざを直角に曲げる

(3)両腕を天井方向に真っ直ぐ上げる

(4)頭を上げ、ひざを真っ直ぐ伸ばす

(5)両脚を少し床に近づけ、お腹を凹ませたまま呼吸に合わせて腕を上下に動かす

▲足のかかとはつけたままにして、つま先を少し開きます。また、呼吸は「フッ、フッ…」と息を5回吸い、その後「フッ、フッ…」と息を5回吐きます

これを“1日あたり5セットを目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「常にお腹を凹ませておくこと」がポイント。お腹に意識を向けるのはもちろんのこと、背骨を伸ばすと自然にお腹に力が入って凹むので、背骨にも意識を置いてみましょう。また、腕を動かすことにばかり意識を向けてしまうと、お腹や背中がだらけてしまいやすいので注意。腕は「上下に動かそう」「上げよう」というよりも、「下げよう」という意識で行うと◎です。

▲腕を上げすぎてしまうと二の腕に筋肉がついてしまうので「腕を床ギリギリまで下げる」という意識で実践します

▲肩や腰が上がってしまうと、肩や腰に余計な負荷がかかってしまうので、「肩を上げない」&「腰をピタッと床につける」ことも意識しましょう

寝ながらできて、1つの運動でお腹や背中、そして二の腕の贅肉を丸ごと引き締めることができます。最初はハードに感じるかもしれませんが、その分効果も大きいので、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ