無料の会員登録をすると
お気に入りができます

本命確定かも…! 男性が「ガチ惚れ女性」にだけ言ったセリフ4つ

恋愛・結婚

悩んでいるとき「なんでも話して」

「職場に気になる女性社員がいるんですが、あるとき彼女がちょっと落ち込んでいるような、暗い表情をしていたんです。
そこで、僕のほうから“元気ないね”“なんでも話して”などと声をかけたんです。すると後日、“転職しようか悩んでいる”と相談をされました」ユウジ(仮名)/28歳

好きな女性のことを自然と気にかけてしまう男性は多いもの。なので、悩んでいるような素振りがあればすぐに気づくのでしょう。タイミングよく声をかけてくれる男性がいたら、あなたのことが気になっている証拠かも?

酔って醜態を晒しても「気にしてない」

「友だちみんなで飲みに行ったとき。そこに、密かに気になっている女友だちもいました。彼女はだいぶ酔っていて、僕に対して“男らしくない”とか“もっとシャキッとしろ”とか、本音らしいことを色々言ってきたんです。
翌朝、その女友だちが昨日のことを謝ってきたんです。でも、僕としては本音を聞けて嬉しかったので“気にしてないよ”と返しました」ユウキ(仮名)/27歳

好きな女性のことであれば、何を考えているのか、本音も知りたいはずです。多少暴言を吐かれてしまったとしても、それが本命の女性なら、不愉快とは思わないでしょう。

「これ好きだったよね?」と以前の会話を持ち出す

「職場に気になっている女性社員がいます。ただ、あまり話す機会がないので、たまに食堂で一緒になるときに声をかけるんですね。
そんなときは、ランチメニューを見て“これ好きだったよね?”なんて言いますね。以前交わした会話を思い出して、なるべく自然に話しかけるようにしています」エイタ(仮名)/26歳

好きな女性と交わした会話を忘れる男性は少ないでしょう。なぜなら、以前の会話をヒントに、話しかけるキッカケを作ろうとする男性もいるからです。

店員に悪態をつかれても「そういう日もある」

「彼女とレストランで食事をしたときのこと。お店の店員が不機嫌で、態度があまり良くなかったんですね。
当然、彼女はそれを見てちょっと怒っていたんです。正直言って僕も嫌でしたが、あまり小さい男だと思われたくないので“そういう日もある”と寛容な姿勢を見せました」カズナリ(仮名)/30歳

好きな女性の前では、カッコをつけたい男性も。器の大きいところを見せたくなるようです。

“男性が惚れた女性にだけ言ったセリフ”をご紹介しました。

好きな女性に接するときは、細心の注意をはらいながら言葉や会話をしてくる男性もいます。上記のような状況で同じようなセリフがあったなら、彼はあなたに惚れている証拠かもしれません。あなたの周りでこのようなことを言ってくる男性はいませんか?

©filadendron/gettyimages
©PeopleImages/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ