無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らずに彼氏を傷つけているかも… 誤解が多いエッチのテクニック

実は彼氏が痛がっているかもしれないので、ベッドでの行動を見直してみてください。

自分は良かれと思ってやっていたエッチ中の行動が、実は相手を痛がらせていた、傷つけていたという経験がある人は少なくありません。

fumumu取材班は、エッチで失敗した経験を聞いてみました。

①ただ激しいだけ

激しく動けせばいいというものではありません。

「上に乗っているときに、ただ激しくやればいいと思っている女性が意外と多いんですが、はっきり言って痛い。胸元に手を置いたときに爪が当たったのか、血が出ることもありました。でも盛り上がっている時に『痛いよ』って、興醒めさせそうなので言いづらいんですよね。
だから気持ちいいふりをしつつ、男性主導のプレイに変えてしまいます。こちらとしては早くやめてもらおうと動くので、すぐに気持ちよくなっているんだと勘違いさせて、激しいのでOKなんだと誤解させてるかもしれません」(30歳・男性)

②演技に気づいたらショック

AVのマネをするのはNG…。

「AVでは女性が気持ちよくてかなり声を上げるシーンが多いため、現実でもそのまましている女性がいますが、それはNG。激しくやりすぎると、さすがに演技だと気がついて、男性のプライドをズタズタに傷つけてしまいますよ。
AVを参考にするのはいいですが、あくまで娯楽用の映像だということを念頭に置いて、そのままマネするのはやめましょう」(30代・男性)

③動かなすぎ

女性は完全に受け身でいい、というわけではありません。

「エッチって、男性が動くイメージが強いんですよね。でもその通りにされると、男性は『マグロだな』と思ってしまいます。男性も気持ちいいと思う部位もありますし、触ってほしいんです。
初心者だとなかなか難しいことは理解していますから、せめてちゃんと気持ちよさそうにしてくれたり、言葉をかけてくれたり、抱きしめたりしてほしいです」(30代・男性)

誤った知識で傷つけてしまわないよう、注意が必要です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ