無料の会員登録をすると
お気に入りができます

惚れるしかない…! 彼が骨抜きにされた「女性のひと言」4つ

恋愛・結婚

いくら可愛い仕草で彼に迫っても、あまり響いていない場合もあります。逆に、たったひとつの言葉が、彼の胸に深く刺さる場合も……。では、どのような発言が効果的なのでしょうか。“骨抜きにされた女性のひと言”について、男性たちに聞いてみました。

「私が代わってあげたい」

「去年、風邪を引いて熱を出したんですね。その時期は仕事も大変なときだったので、かなり参っていたんです。とはいえ、彼女にうつしてはいけないので、電話で話していました。
すると彼女は、“私が代わってあげたい”と言ってくれて……。心が温まりました。その言葉で、なんとかヤル気が湧いて頑張れました」マサノリ(仮名)/31歳

彼のことが心配で仕方ないのが伝わってくる言葉ですね。彼も弱気なことは言っていられないと思うんじゃないでしょうか。

「舐めてあげよっか?」

「彼女と車で出かけたときです。車に乗った際、誤ってドアに指を挟んでしまったんですね。指を押さえて痛がっていたら、彼女が、“舐めてあげよっか?”とひと言。
多分、舐めても効果はないと思うんですが……。ドキッとする言葉でしたね」レンタ(仮名)/28歳

聞きようによっては、あらぬ想像をしてしまいそうな言葉です。こういった際どい言葉を不意に発して、男性をドキドキさせるのも効果的です。

「だったらほかの女のとこ行きな」

「ある日、寝坊をしてしまい、仕事に遅れてしまいした。その日は取引先との打ち合わせがあったんですが、だいぶ遅刻。上司にこっぴどく怒られました。
それを、彼女に伝えたんですね。すると、“自業自得”と言うんです。“こういうときは慰めてくれるんじゃないの?”と言ったら、“だったらほかの女のとこ行きな”と言い返されました。カッコいいなと思ってしまいました」ダイキ(仮名)/27歳

突き放すような発言ではありますが、彼が悪いのは確かです。甘やかしてばかりではなく、こうした厳しい姿勢を見せるのも、たまには必要なことなんでしょう。

「先にソース入れちゃった…」

「彼女が家に遊びに来ていて、“小腹が空いた”と言うので、カップ焼きそばを出したんです。彼女がお湯を沸かして自分で作ったんですが、“先にソース入れちゃった……”と。
先に入れてしまうと、湯切りの際に全部流れちゃいますよね。だから、“味がない”と泣きながら食べていました。僕が、“普通のソース入れたら”と伝えると、“そういえばそうだね!”と。嬉しそうにしている姿が可愛かったです」ハジメ(仮名)/27歳

カップ焼きそばを作り慣れていない人は、やりがちなミスですね。こうしたおっちょこちょいで天然な発言に、キュンとする人もいるようです。

“彼が骨抜きにされた女性のひと言”をご紹介しました。

たったひと言でも、相手の胸にグサッと刺さることもあります。それをキッカケに愛が溢れてくる場合も。ぜひご参考に!

©shapecharge/gettyimages
©LightFieldStudios/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ