無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「気持ちよかった」では伝わらない?彼氏に自信を与えるエッチ後の言葉

本当にエッチが気持ちよかったときに、どのように褒めると彼氏が喜んでくれるのでしょうか?

彼氏とのエッチ後に「気持ちよかった」と伝えても、盛り上げる目的で言っていると誤解されることもしばしば…。

fumumu取材班は、彼が素直に受け取れる褒め言葉を聞いてみました。

①「すごく相性がいいみたい 」

技術などの話をするよりも、選ばれた特別な存在になれたと嬉しく感じるようです。

「上手だと褒めるのもいいかもしれませんが、私は『すごく相性がいいみたい』と伝えます。そうすると男性は特別感を感じてとても嬉しいようです。
相性がいいと言った後で『私もっと気持ちよくできるように頑張るね』って言うんです。そうすれば相手も負けずに気持ちよくしようって気持ちになってくれますから。
相性を認めて気持ちよくさせて向上心を刺激するのがいいと思います」(30代・女性)

②「こうされたら、もっと感じちゃう」

褒めつつ改善点を遠回しに伝えることで、「ここは本当に良かったんだ」と思えるのかもしれません。

「どんなに満足している大前提があっても、ちょっと気になる部分についてダメ出しをしてしまうのは危険。男性は自身を失って場合によっては反応しなくなってしまうこともあるので注意が必要です。
エッチ後、褒めまくったあとに『こうされたら、もっと感じちゃうかも』と要望を伝えれば、『褒めていた部分は本心だな』とすんなり受け取りやすく、もっとエッチも良くなると思います」(30代・女性)

③「頭が真っ白になった」

毎回だとマイナスになる可能性はありますが。

「常にエッチに自信がなさげだった彼。でも、私の感じるポイントなどかなり研究してくれたみたいで、すごく気持ちいい。なので『今日は頭の中が真っ白になっちゃった…』と終わった後に伝えるようにしたら、徐々に自信がついてきました。
かと言ってあまりにも言い過ぎるとルーティンになったり、テクニックを磨かなくなったりしそうなので、毎回言うのはおすすめしませんが。
私は、エッチする中で『特にいいな』と思う日、頻度としては5回に1回くらいにしています」(30代・女性)

逆におだてすぎて向上心がなくなるケースは多いため、言い方に注意は必要でしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ