無料の会員登録をすると
お気に入りができます

“ずっと仲良し”でいるために… 長続きカップルが「やらないコト」4選

恋愛・結婚

大好きな彼氏とは、いつまでも仲のいいカップルでいたいと思うはず。そのためには、交際が長続きする秘訣やポイントなどを知っておくといいかもしれませんね。そこで今回は、長続きしているカップルたちに聞いた「関係を上手く保つためにやらないこと」を紹介します。

不満を「溜め込まない」

「不満を抱え込んでしまうと、どんどん一緒にいることが嫌になってしまうので、お互いに言いたいことは言います。
それがうまくいっている秘訣だと思いますね」(30代・女性・販売)

相手に嫌われないようにと、合わせすぎたり我慢ばかりしていると、ストレスが溜まっていくはず。そして、いずれはそれが爆発して、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

そうならないように、お互いに不満を溜め込まずに小出しにしていくことも、良好な関係を続けるためには大切なのでしょう。

喧嘩を「長引かせない」

「喧嘩をしちゃうこともありますが、早い段階で謝ることが大事な気がします。
自分に非があると感じたら、素直に謝るようにしていますね」(20代・男性・営業)

喧嘩は長引くほど、仲直りをするのが難しくなりがち。何日も引きずると関係性はどんどん悪化してしまうため、意固地にならずに冷静に話し合うことが大事なのでしょう。

また、言い争いになったとしても、相手の人間性そのものを否定するようなことは絶対に言わないようにしたいところです。

相手を「変えようとしない」

「自分の理想に近づけるために相手のことを無理に変えようとするのは、やってはいけないことだと思う。
それって、結局は自分のことしか考えていないとも言えるので」(30代・男性・税理士)

「お互いを尊重し合うこと」も、長く付き合っていくうえで大事なポイントの1つ。相手を自分好みに変えようとしたり、相手に求めすぎたりすると、次第にストレスが溜まってしまいかねません。

もちろん、どうしても改善してほしいところは伝えたほうがいいと思いますが、2人の間にわだかまりや亀裂を生じさせないためにも、相手の思考などを強引に変えようとするのは避けたほうがいいでしょう。

常に「つながっていようとしない」

「昔は彼氏と一日中LINEをしていましたが、今はそういうことはしないようにしています。
お互いがつながっていない時間が多少はあった方が、マンネリ化しにくいと思うんです」(20代・女性・美容師)

大好きな人とは、いつでも一緒にいてLINEでも常につながっていたくなることもあるでしょう。でも、それを本当に実行してしまうと、相手によっては息苦しさや窮屈さを感じてしまうかもしれません。

それぞれの時間もちゃんと持ち合うようにしたほうが、程よい距離感を保つことができて、いつまでもいい関係性を築いていけるのではないでしょうか。

いつまでも彼氏といい関係性を築いていきたいのなら、今回紹介したようなことを気をつけてみるといいかもしれません。お互いが過ごしやすい状況を作り上げられれば、より長く一緒にいられるでしょう。

©prostooleh/gettyimages
©kupicoo/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ