無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やだ泣ける…!長く付き合った彼に送った「切ないラストLINE」3つ

長く付き合えば、その間にいろんなことがあるでしょう。たくさんケンカもしたし、涙も流したはず。相手に対する感情は特別なものになっています。そんな彼との別れ際は、どんなものになるのか……。“長く付き合った彼への最後のLINE”というテーマで女性たちに話を聞いてきました。

文・塚田牧夫

恋愛・結婚

「感謝しかない」

「8年付き合って別れた彼の話です。8年の間には、2年ほどの遠距離があったり、一時期別れたことがあったりと、いろんなことがありました。

最後はもう、カップルというよりは、兄弟姉妹のような感覚でしたね。だから、彼に“好きな人がいる”と言われたときも、多少悲しみはしましたが、すぐに受け入れられました。むしろ、ようやくこれで区切りがつく……という感覚だったかもしれません。

別れの日。最後のLINEを入れようと思い、文章を作っていたんです。それが、とんでもなく長文になってしまって……。さすがにこれは重いだろうと、作ったあとに全削除。“感謝しかないよ”とだけ送りました」カナエ(仮名)/33歳

「やっぱりイヤだ!」

「6年間付き合った彼がいました。お互い30代になり、結婚を考えなくてはいけない時期に入ったころ。

結婚する相手ではない……と、お互いに心のどこかで思っていたのだと思います。一向にそういう話にならないので、私が別れを切り出しました。

最初、彼はイヤだと言って拒んでいました。結婚も考えるからと言うけど、その場しのぎの言葉にしか思えなかった。

でも、いざ本当に別れるとなったとき、急に寂しくなってしまったんです。私は思わず、“やっぱりイヤだ!”とLINEを送ってしまいました。

ところが今度は彼が冷静に。“一時の感情で動かないほうがいい”と。“俺たちはそういうところが似ている”と。ああ、よく分かってるな……と、諦めがつきました」ナツキ(仮名)/34歳

「さいならっきょ」

「私が人生で最初にできた彼とは、学生時代から7年近く付き合いました。お互いに初めて同士だったので、分からないことだらけ。ケンカもたくさんして、ぶつかり合いました。

2人の関係が終わった原因は、彼の浮気。散々揉めたけど、結局、別れることになりました。

今まで数えきれないほど、ぶつかり合ってきただけに、最後はあっさり終わらせようと思ったんです。それが最高の抵抗だと。それでLINEで、“さいならっきょ”と送ってやりました。

振ったのは向こうですから、余裕がありますよね。“ありがたまきん”と返してきた。まだまだ言いたいことは山ほどあったけど、それで終わりにしました」アキホ(仮名)/32歳

“長く付き合った彼への最後のLINE”をご紹介しました。

長く付き合えば、強い思い入れがあって当然。最後もひと言では終わらせられないでしょう。それでも、感情を押し殺し、最低限の言葉を送ります。相手には、そこに秘められた真意を感じ取って欲しいものですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ