無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっとの違いでこんなに変わるの!?アラサー向け『NG老けメイク』vs『劇的若見えメイク』

メイク

みなさんこんにちは、huis(ゆい)です。20代の頃にしていたメイクをずっと変えずに、今も同じメイクをしていませんか?そんなあなたは気づかぬうちに、老け見えメイクになっているから注意して!今回は、老け見えメイクを劇的に若見えするメイクに変える方法をご紹介します!ぜひご自身のメイクと比べて、新しいメイクにチャレンジしてみてくださいね。

若見えメイクとは

若く見えるメイクとは、つまりトレンドメイクのことです♡

いつものメイクに少しトレンド要素を取り入れるだけで、劇的に若見えするので、老け見えメイクと比較して詳しく紹介していきます。

老け見えメイク① 『アイシャドウ』

老け見えメイクで特によく見るのが、4色パレットで作る深いグラデーション。

明るいベースカラーに、中間色、暗い締め色と、順番に重ねてパレット全色塗りをしてしまうと少し頑張りすぎな印象に。

また、年齢と共にまぶたがくぼんで影ができてくるので、そこに暗い締め色を広めに塗ってしまうと、老け見えしてしまうから気をつけて!

今時のトレンドメイクは抜け感が大事!

使用色は全色と欲張らずに1〜2色に抑えて、ほどよく抜くところを作ることで、劇的に若見えするのでぜひ試してみてください♡

物足りなさを感じる方は、少しラメを足したり、目尻に少し色を重ねて調整してみてくださいね!

老け見えメイク②『まつ毛』

ボリューム重視!マスカラを何度も何度も重ねて、まつ毛を濃く太く見せたい方注意!

ひじきのように黒くて太いまつ毛は、老け見えするので改善が必要です!

みなさんはマツエクブームがまた再燃しているのをご存知ですか?

マスカラもその流れにのって、ロングタイプがトレンド。綺麗にセパレートされたロングまつ毛に流れはシフトしてるのでぜひ試してみて♡

繊細の入ったロングタイプのマスカラを使用し、ギザギザせずに根元からスーッと持ち上げるようにマスカラ液をつければ、劇的若見えまつ毛の完成です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ