無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのコーデ…残念見えです!「夏の黒アイテム」は着こなしが肝心!オトナのNG&OKコーデ比較

ファッション

季節を問わず万能に使える、定番の黒。しかし夏の黒コーデというと、どうしても暑苦しい印象を与えがち。失敗しないためにも、着こなしをマスターしておく必要があります!そこで今回は、黒アイテムをつかった夏のNG&OKコーデをmichill編集部がご紹介。夏でも黒をすっきり着こなすコツを見ていきましょう♡

「黒シャツワンピ」は差し色を効かせて垢抜け!

1枚でサマになるシャツワンピースは夏の定番!黒なら大人っぽく美人度を上げた着こなしが得意なので、爽やかな白とは違ったコーデが楽しめます。

ただし、黒のシャツワンピースを着こなす際に絶対にやってはいけないのは、全アイテムブラックコーデ。黒は重たく見えがちなカラーなので、全身に散りばめてしまうと魔女のような近寄りがたい雰囲気に…。

【OKコーデのポイント】旬カラーを差し色に効かせてパッと華やかな印象に

同じブラックコーデでも、小物で差し色を効かせてあげるだけで華やかさがUP。黒はどんなカラーとも相性がいいので、トレンドカラーを上手に取り入れた着こなしが簡単に作れておすすめですよ。

「黒カーディガン」は抜け感を作って着こなして

どんなコーデにもさっと合わせやすく、オトナっぽさを足してくれる黒カーディガン。デニムと合わせたカジュアルな着こなしも、すっきりおしゃれに決まります。

長袖タイプなら冷房や紫外線対策にもなって頼りになりますが、ボタンをしっかり閉じてトップス代わりにした着こなしは残念な印象に…。

もちろん対策は大切ですが、まわりが遊びに誘うのをためらってしまいそうな“完全防備”感が否めません。せっかくのアウトドアなら、もう少しおしゃれを楽しみたいですよね!

【OKコーデのポイント】カラーパンツを合わせて上品オトナ顔に

カーディガンの前を開け、首元に余裕のある白インナーを合わせるだけで清涼感たっぷりの着こなしにチェンジ!

抜け感が出ると同時に上半身がラフな印象になるので、パンツはくすんだニュアンスカラーのパンツで上品にまとめてあげるとオトナ顔に仕上がります。

黒カーディガンはどんなカラーボトムスとも相性がいいので、きれい色のボリュームスカートと合わせたフェミニンな着こなしもおすすめですよ♡

「黒のゆるパンツ」はカジュアルよりキレイめが正解

リラックス感のある黒のストレートパンツは、トレンドでもあるメッシュ素材をチョイスするだけで抜け感と清涼感がアップします。

ただしスタイリッシュな反面、ラクチンなアイテムでもあるので、トップスにカジュアルなアイテムを合わせるのはNG。ロゴTと合わせた着こなしは、ちょっと部屋着っぽい印象です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ