無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年夏はアイシャドウが主役です♡プロイチオシの夏っぽ垢抜けアイメイクのやり方

メイク

こんにちは!メイクアップアーティストの園 佳子(その よしこ)です。夏は日差しがたっぷりな季節なので、キラキラのアイシャドウがつけたくなりますよね!そんな光に映える夏っぽ垢抜けアイメイクのやり方をご紹介します。

夏っぽ垢抜けアイメイクのポイント&おすすめアイテム

ポイントは「光と影を意識する」こと。

今回使ったアイシャドウは、韓国コスメのrom&nd(ロムアンド)のベターザンパレット マホガニーガーデン。

この記事で紹介するメイクにぴったりのアイシャドウパレットです。

①上まぶたのアイメイク

上まぶたは目の丸みがあるので、まぶたの中央はキラキラシャドウで光を反射させて、目尻側は影になるのでシェードカラーを入れます。

キラキララメやシェードカラーが露骨に発色しないよう、アイホール全体にはマットカラーのベースをのせておきましょう。

②下まぶたのアイメイク

下まぶたは目尻側にシェードカラー、目頭側にハイライトカラーをいれてベースを作っておきます。

そして、目のキワに沿ってプクッと光が当たる箇所に細かい光を反射するラメをライン状にのせていきます。

目の下はホログラムのようなラメをのせるとよりキラキラして見せることができます。

③大粒のラメでアクセント

大きめのホログラムラメは目の下全体に入れてしまうとゴミが付いてる?と見えてしまうこともあるので、目尻側中心に光が当たりやすい角度を意識して丁寧にのせます。

ホログラムは種類によって、キラッと光る方向と光りにくい方向があります。その辺りも注意して置いていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ