無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ネイルにもピッタリ♡令和カラーってどんな色?

ネイル

上品なネイルにもおすすめの「桜」

itnail.jp

2019年5月に元号が令和に変わったことを受け、日本流行色協会が「令和カラー(令和慶祝カラー)」を発表しました。今回発表された令和カラーは、全部で3種類。「令和」という元号が万葉集に収録されている「梅花の歌32首」の序文から選定されたことから、いずれのカラーも、春の訪れを知らせる花の名前がつけられています。

そのひとつが、「桜」。春といえば桜といっても過言ではないほど、日本の春を代表する花ですよね。爪全体を桜色でシンプルにカラーリングしたり、透明感のある桜色をベースにホワイトやベージュでフラワーアートを施したり。

桜の季節が終わっても、デザイン次第で色々なアートができそうですよね!

itnail.jp

可愛い色味が女子に人気の「梅」

itnail.jp

桜色よりもやや濃いめのピンクの、「梅」。桜色と同じようにシンプルなワンカラーネイルにしてもいいですし、グラデーションネイルにしてもいいでしょう。

また「梅」カラーはメタルカラーやミラーカラーといったカッコいい色味や、ダークパープルやブラック、ブラウンといった深みのある色味との相性も抜群ですので、これらのカラーを組み合わせてもいいでしょう。

桜カラーと梅カラーを組み合わせて、「THE令和」なネイルを作ってみるのもいいですよね。桜カラーと梅カラーはどちらも肌馴染みがよく上品な仕上がりになりますので、オフィスネイルとしてもおすすめです。

itnail.jp

渋めで大人カッコいい色味の「菫」

itnail.jp

令和カラー3色目は、「菫(すみれ)」です。深みのあるダークパープルは、大人カッコいいネイルデザインにピッタリですよね。

爪全体に菫色を使ってもいいですし、「濃い色で爪全体をカラーリングするのはちょっと」という方は、この色をポイントアートに使ってもいいでしょう。クリアベースの爪先に菫色のポイントアートをプラスしたり、桜色をベースに菫色のストーンをプラスしたり、というように色々なアレンジを楽しんでくださいね!

Itnail編集部

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ