無料の会員登録をすると
お気に入りができます

メイクを落とすだけじゃない!ビフェスタクレンジングローションの歴史

PR
ビューティ

女性のライフスタイルがヒントに

仕事や家事で疲れている、時間がない、すぐ眠りたい……という忙しい日々の中で、メイクを落とさずに寝てしまった経験はないでしょうか?メイク落としは肌に大切なことは分かっていても、面倒で手間がかかりますよね。

smolaw11 / Getty Images

「簡単」「肌にやさしい」「使いやすい」の3つの機能を持つメイク落としをつくりたい。そんな思いで開発されたのが、化粧水生まれのクレンジングローションでした。

メイクを落としながらスキンケアができる!

2007年 「クレンジングエクスプレス」誕生

化粧水ベースのクレンジングローションとして、2007年に登場したのが「クレンジングエクスプレス」。化粧水や乳液に使われる保湿性洗浄成分が、肌にスッとなじんでメイク汚れを包み込み、浮かして落とします。ふき取った後もみずみずしい潤いが残り、化粧水をつけた時と同じようなしっとり肌に。

さらに、洗い流さなくてもOKなので時短にもぴったり。メイクを落としながらスキンケアができることが、ほかのクレンジング剤との大きな違いでした。

2011年 「ビフェスタ」にリニューアル

その後、「クレンジングエクスプレス」は潤い力をさらに高めた新ブランド「ビフェスタ」として、2011年にリニューアル。

スキンケア目的に合わせて「ブライトアップ」「モイスト」「エイジケア」の3タイプ、お風呂で濡れた手でも使えるジェリーとリキッド、そしてウォータープルーフマスカラをやさしく落とすアイクレンジングの6アイテムをラインナップ。よく落ちて、よく潤うクレンジングローションに進化しました。

2014年 クレンジングシートが登場

2014年になると、メイクもナチュラル志向が高まり、クレンジング剤にもスキンケア機能が重視されるように。そこで、化粧水由来の洗浄成分をさらにプラス。2種類の洗浄成分によって、メイク汚れと肌のくすみ(※)をしっかり包み込んで落とす力が強くなりました。新たな洗浄成分が入ることで、少量でもメイクをしっかり落とせるように。また、肌への摩擦が少なくなり、よりやさしく洗えるようになりました。
※古い角質

さらに、潤い効果が高く大判シートの「うる落ち水クレンジング シート」ブライトアップ・モイストの2タイプが登場。メイクのタイプや使うシーンで選べるようになりました。

2020年2月「デュアルフェイズ ポアクリア」が仲間入り!

2011年8月の発売以来、ビフェスタのふき取りシリーズは忙しい日常生活のなかでも、時間をかけずに毎日キレイでいたい女性たちに支持されてシェアを広げてきました。

さらに、今年の2月には保湿洗浄成分を含むウォーター層と天然由来のボタニカル成分配合のオイル層のW効果で、毛穴の汚れとウォータープルーフメイクをしっかり落とす「クレンジングローション デュアルフェイズ ポアクリア」が新登場。メイクを落としながら、ボタニカル美容オイルの潤い効果で肌にハリとツヤを与えてくれます。「クレンジングローションって、やっぱりメイク落ちが悪いんじゃないの?」「ウォータープルーフの濃いメイクは落ちなさそう」「毛穴汚れの皮脂は落ちなさそう」と、思っている女性に、ぜひ試してほしいアイテムです。

ビフェスタのクレンジングローションで賢く美肌に♡

itakayuki / Getty Images

メイク落としからスキンケアまで、これ1本で簡単にできるビフェスタのクレンジングローションは、現代女性の強い味方!メイクがきちんと落ちて、肌がしっとり潤う使い心地がヤミツキになるはずです。