無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美肌モデルの毎日習慣♡クレンジングの方法やマイルール教えて!

PR
ビューティ

エミ レナータさんに聞く!美肌の秘訣

エネルギッシュで太陽のような笑顔が素敵

14歳からモデルをスタートさせ、今もなお第一線で活躍するエミ レナータさん。そんな彼女は、血色のいい健康的な美肌の持ち主。美しさを保つためにクレンジングを大切にしていて、普段からクレンジングローションを使ってメイクを落としているんだそう。そこで、クレンジングローションを知ったキッカケやその魅力について伺ってみました。

マイルールは、帰宅後すぐにクレンジング

―――メイクを落とすタイミングはいつですか?

家に帰るとすぐにメイクを落とすようにしています。仕事柄、普段からメイクをすることが多いので、撮影が終わった後でも次がなかったら、現場で落として帰っています。いろんな人から“クレンジングの大切さ”を聞くので、寝る前じゃなくて、家に帰ったらすぐ落とすようにしています。

―――やっぱりモデル業界では、クレンジングに気を遣われている方も多いのでしょうか?

そうですね。今はナチュラルメイクがトレンドですが、昔は本当に濃かったんです。しっかりと塗ったファンデーションに、コントロールカラーやハイライトもすごくて(笑)。だから仕事の後はきっちりメイクを落とさないと、すぐにニキビや肌荒れにも繋がると恐れていました。その経験もあって、「しっかりメイクを落とさなきゃ」と今でも自分の中でルールにしているんです。

―――徹底されていますね!わかってはいるけれど、なかなかできないです……。

昔からそれだけは意識していたから、仕事で疲れていたり、帰宅時間が遅くなっても、家に帰るとすぐにメイクを落としています。やっぱりいくらお化粧をしても、肌自体が良くないとキレイに見えないと思うので。逆に肌の状態が良ければそこまでメイクしなくてもいいので、結果的に負担が少なくとってもいい効果だと思います。

―――毎日の習慣を長続きさせるコツはありますか?

とりあえずメイクを毎日落とすと決めたら、3~4か月続けてみることが大切。それくらい続けていると習慣になると思うんです。わかりやすく言うなら歯を磨くのと一緒(笑)。続けることで考え方も変わってくると思うから、めんどくさいな~とか、やりたくないって思うんじゃなくて、歯磨きと同じと思えたら、楽になりませんか?自分の肌のコンディションを守るためにも、毎日のクレンジングは大事だと思います。

私生活でもクレンジングローションを愛用中♡

―――クレンジングローションを使い始めたキッカケを教えてください。

16歳で日本に来てから、撮影やオーディションで毎日メイクをするのにスキンケアの方法とか全然知らなくて。モデル仲間やメイクさんから「クレンジングは大事だよ」ってすごい言われていたから、“メイクをした後は必ずクレンジングしなきゃいけない!”って潜在的にも意識していたんだと思います。それからアイメイクを落とすのにビフェスタのポイントメイク用「アイメイクアップリムーバー」に出会って、その後に、クレンジングローションを使うようになりました。今はこの2つセットでメイクを落としています。

―――ビフェスタの「アイメイクアップリムーバー」との出会いはどういったものだったんですか?

私のまつ毛は下向きで普通のマスカラだとすぐに落ちてしまうので、メイクの時はウォータープルーフマスカラじゃないとダメなんです。ウォータープルーフでもしっかり落ちるものを探していた時に出合ったビフェスタの「アイメイクアップリムーバー」は、目元に優しいのにしっかり落とせて自分の肌にも合っていたので、何年も愛用しています。

―――エミ レナータさんならではの使い方やコツなどがあれば教えてほしいです!

目元って顔の中で一番皮膚が薄くて柔らかい部分なんです。それに、年齢を重ねると目元はもっとデリケートになっていくから、できるだけ柔らかいコットンにたっぷりリムーバーを浸して、メイクを落とすようにしています。

目元を落とすときは、コットンを2枚使って下まぶたと上まぶたを挟むようにしてから、1分くらい時間を置いています。そうすると、ウォータープルーフの濃いマスカラもスルッとキレイに落ちるんです。特にマスカラって硬く固まっているから、ジワッと柔らかく馴染ませるようなイメージで。それから、目元全体を落としています。

―――部分的に目元を落としてから、全体のメイクを落とされているんですね!

私の場合は、必ず初めにポイントメイクを落としてからですね。特にリムーバーってオイリーだから、リムーバーが残った目元をふき取るのにもクレンジングローションはぴったりなんです。仕事以外ではできるだけフルメイクしないようにしているので、普段のメイクは本当に薄め。だから、毎日のメイク落としにビフェスタのクレンジングローションは重宝しています。これならコットン1枚でメイクが落とせるので、経済的にもいいですよね。

―――クレンジングローションを使う際に意識していることはありますか?

首もコットンを使って落とすことですね。首とか耳ってみんな忘れがちだけど、意外に年齢が出るところなんですよね。だから私は首まで顔の感覚で、スキンケアだけでなくクレンジングにも気を付けています。特に首のシワって一度出てしまうと、マッサージしても取りづらいから。

―――パウチタイプの愛用者とも伺いました。最近はサスティナブルも話題ですよね。

今まではクレンジングローションのモイストのポンプタイプを使っていたのですが、パウチが発売されてからはこちらを使っています。ボトルがあれば詰め替えて使えるので、ちょっとしたエコにもなります。

それに同じ容量でも価格がリーズナブルなんですよね。これからもずっと使い続けたいです。

―――普段使っているビフェスタのクレンジングシリーズについて、使用シーンや活用法を聞かせてください。

アイメイクアップリムーバーとクレンジングローションは、ペアで使っています。あと便利なのが、クレンジングシートのパーフェクトクリア!私は撮影の後にスポーツをすることが多いので、ジムのロッカーには必ずこれを入れています。ジムに着いてから目元はそのままで、肌だけこのシートでふき取ってから運動しています。

―――シートはピンポイントで、後は帰宅してから落とされるんですね。

そうです。ジムだとたくさん汗をかくから、せめて肌のメイクだけは落としたい時にもぴったりなんです。それにこれからの季節、お仕事をされている方は、仕事が終わってディナーに行く前なんかに、メイク直しするのにも部分的に使えて便利だと思います。私は、シートは主に家じゃなくて外で使うことが多いですね。

―――最後に、美肌をキープするために心がけていることを教えてください。

やっぱりバランスですね。なんでもバランスが大事だと思うんです。毎日メイクをするんだったら毎日ちゃんとクレンジングをする、食べ物もオイリーなものやジャンクフードを食べたら、その後の食事はサラダを多めに摂るとか。今週すごく忙しくて睡眠時間が短いんだったら、翌週はちょっと長めに寝るとか。肌にしても生活にしても、全部バランスが大切かなと思います。特に肌って、疲れとか食べ物とかに影響されやすいと思うんです。肌は、自分の今のコンディションが一番出る部分かもしれないですね。

PROFILE

エミ レナータ/1986年ブラジル生まれ。16歳で来日してからは、女性ファッション誌をはじめとした数々の媒体でモデルを務める。どんな服でも完璧に着こなす抜群のプロポーションを武器に、日本のみならず海外でも活躍。